いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

かるアウトプット~賞賛は麻薬~

スポンサーリンク
かるアウトプット

ブログを書くときに、タイトルやカテゴリをとりあえずでも決めないと書き始められません。

目的地を決めないと動き出せない、みたいな感じです。

とりあえず出発してみる、ということが、仕事でも何でも、昔から苦手で。

 

「ゆる日記」というカテゴリを始めてからは、

日々あったことや考えたことは全部そこに収納していこうと思っていたんですが、

日記なのに考えたことだけ書くってどうなの?なんてことを思い始めてしまって。

自分のブログなんだからそんなのは好きにしたらいい話で、カチっと決める必要なんてないのだけど

どうも「行動」と「思考」は違うジャンルにしたほうがいいんじゃないか、というアイデアが頭から離れないので、

「かるアウトプット」というカテゴリを作りました。

「かる」とつけたのは、あまり構えず軽い気持ちで書ける(そして読める)ようにです。

 

つい昨日、『繊細さんの幸せリスト』という本を読んだのですけれど、

そこにね、「繊細さんはインプットの量が多くなる傾向があるから、アウトプットをこまめに」と書いてあったんです。

たしかに、「受信すること」をすべてインプットととらえるならば、

その量は多い自覚はあります。

何かを見て、感じることがきっと多いんですね。

 

文章でも、景色でも、映像でも、

一度目にしたら「流す」ということは非常に苦手です。

必ず何かを感じるし、そこから連想して色々なことに思いを巡らせてしまう。

そこに疲れることもままあるわけですが、それはアウトプットによって軽くできる、ということらしいです。

 

本の内容はまた別に書きますが、

つまるところ、そのアウトプットにも使えるようなカテゴリを、

日記とは別に持っておきたかった、ということです。

 

さて。前置きが長くなりました。

そのカテゴリを使って今日書きたいことは、

“賞賛の言葉って嬉しいけど、麻薬みたいに中毒性がある”っていうことです。

 

非常にありがたいことなんですけれど、

Twitterでたまに、お褒めの言葉をいただけるんです。

それは人柄に関することから、書いたものや内容についてまで様々。

みなさん本当に優しいです。

いつもありがたく、頂戴しています。

 

すごくすごく嬉しいんですけど、

嬉しいがゆえに、「もっと欲しい」「また欲しい」と望んでしまうんですよね……。

 

ブログにも、ツイートにも、好きなことを書いて、楽しければそれでいい。

それだけはブレずに保ってはいるのですけれど、

楽しいに加え、嬉しいも欲しくなってしまう。

我ながら、欲張りだなと卑しく思ったりします…。

 

俗に言う承認欲求というものでしょうか。

依存まではいかなくても、やっぱ褒められるのは嬉しいよねぇ…?

 

でも他人からの評価なんて流動的だし、

欲しいと思って狙いに行ったところで必ず手に入るものでもありません。

 

すっごく考えて作り込んだ記事(ツイート)は意外と反響が薄かったり、

ふと思いついたことをそのまま書いて推敲もしないで出したものに結構反応があったり、

そんな予想外なことばっかりですから。

人の評価なんて届けてみるまで本当にわかんないもんだなって、アウトプットしてみるたびに思います。

 

だからこそそれを求めたらだめなんですよね。

でも喜びの味を知ってるから、また欲しくなってしまう。

ないと渇望する。

まさに麻薬のような中毒性です。

 

もしかしたら文章を書いている限り、この承認欲求は続くのかなぁ、とか思うとちょっと怖くなりますが、

修行を積んだらそんなこともなくなるのかしら。

 

楽しいから書く、とは言うものの、やはり読んで下さる方あってのことだな、と

改めて感謝の気持ちも湧き出つつ、

自信の未熟さも感じる今日の考察でした。

 

では今日はこのへんで。

 

 

 

文中に出てきた『繊細さんの幸せリスト』の読後記事はまだですが、

その前身の『繊細さん』について書いた記事はこちらです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました