いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

あなたのストーリー

スポンサーリンク
PR
画像タイトルや代替えテキスト
かるアウトプット

 

ブログやTwitterなんかで「私は有益な情報は何も発信できないけど…」みたいに申し訳なさそうに言ってるのをたまに見かけますが、

その言葉を見かけるたびに、私は少しだけ淋しい気持ちになります。

そのままでも十分魅力的なのにって。

 

 

と、いっても、言いたくなる気持ちはよくわかります。

私も言いたいときありますもん。笑

 

 

いつからそんな雰囲気になっちゃったんでしょうね…?

誰かのためになることを言わなきゃいけない、みたいな。

 

 

でも冷静に考えてみると、

有益な情報ばかりで構成されたTwitterやブログって、面白いかな??

それってただのニュースサイトと同じじゃないかな。

 

もちろん、どんな使い方をしようと自由なんで、

情報収集のためにこのツールを使ってます!っていう人がいるならそれはどうぞどうぞ、という感じなんですど、

有益な情報ばかりなら、私はたぶん使わないと思う。

 

 

私が思わず読んでしまう、惹かれてしまうものって、

何食べた、とか、何考えた、とか、そんな普通のことというか、日常のことが多いんです。

だから、それがなくなって有益情報ばかりになってしまったら、困る。とても困る。

 

で、ここにそんな人が一人いるってことは、世の中にはもっといるはず。

てことは、需要があるってこと、ですよね?(ね?)

 

 

人それぞれの感性ってとても面白くて、

全く同じ経験をして、それをアウトプットするとしても、

人によって全然違う切り口や文体で表現したりしますよね。

 

同じ本を読んでも、

同じものを食べても、

それぞれで全然違う。

その違いを見るたびに、面白いなぁと思うし、個性的な表現をする人はなんか気になってしまうし。

 

それが個人発信の魅力じゃないかなぁ。

 

 

心を開けて 聞かせてみて あなたのストーリーを

 

 

これはドリカムの「KNOCKNOCK!」という曲の一節ですが、

私にとってブログっていうのはこういうもんだなぁ、って、思っています。

 

あなたの切り口で、

あなたの書いたものが読みたい。

 

誰かがやった経験でも、

もうネット上にあふれた話でも、

あなたが書けば全く違うものになるかもしれない。

 

 

そんな自然とにじみ出てしまうオリジナリティや個性を楽しみに、いつも読んでいます。

そしてそんな風に書ける人でありたい、とも思います。

 

 

 

おわり。

 

 

 

紹介したドリの曲はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました