いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

稼ぎますオーラバリバリのブログが苦手

スポンサーリンク
かるアウトプット

命令口調のインフルエンサーに従って、一番得するのはインフルエンサーなんだということに

ついに気づいたねこまにあです。

 

「ブログ書け」も「一緒に投資で幸せになろう」も

その人のことを考えて言ってるふりをして、実は自分が得するためなんだよなぁ、と考えたら

ものすごく冷めちゃった。

 

でも、うまいなぁ、とは思いますね。

あなたのために言ってます的な営業の仕方がね。

あなたのココロのスキマお埋めします、的な、喪黒福造的なビジネススキルだよね。

喪黒福造がビジネスなのかどうか知らんけど。

スポンサーリンク

やっぱり「先義後利」という考え方が好き

個人が発信して稼ぐことが悪いとは、決して思いません。

ブログをその手段として利用するのも、いいと思う。

 

でも、なんか気に入らないのは、

「個人ブログだから個人の感想だよ。読者のみんなの参考になるように、正直なこと言ってるよ。」と口では言ってるのに、

本当に考えてるのは企業側(広告主)のことと自分の利益だけっていうところ。

 

そこに読者への義はあるんか?

と思ってしまいます。

 

大事にしたいことが読者の信頼よりも、自分の権威性やお金。

そういうことが透けて見える時があって、とっても苦手です。

 

 

ねこまにあ
ねこまにあ

もちろん、稼ぐ系ブログが全部、そうなわけじゃないけどね。

 

 

ブログで稼ぐなら、まず読者に価値を提供する、という義が先で、

その結果として利益がある、という構造が好きです。

 

 

でも一番好きなのはやっぱり、商売っ気のないブログかなぁ。

私が一番ブログに求めるものは「共感」

最近、『over the sun』というポッドキャストを聞き始めました。

 

タイトル「オーバーザサン」と「おばさん」をかけていて、おばさんと呼ばれる世代向けに、おばさん世代のパーソナリティーのお二人(堀井美香さんとジェーンスーさん)が語り合ったり、リスナーからのメールについて話したりする番組です。

 

私もそんな世代だからでしょうか。

その中で語られることって、とにかく「わかる!」と激しく共感することが多いのです。

 

自分がなんとなく思ってることを、人に言語化してもらうのって、気持ちいいですね。

自分がする、というのではなく、人にしてもらう、ということがポイントで、

自分以外にもそう思ってくれてる人がいたんだ!という仲間意識、みたいなのが付加されるので余計に気持ちがいいんです。

 

私がブログに求めていることって、きっとそういうこと。

 

収益化の方法も、自己啓発も、今はいらなくて。

 

感性が近い人がつむぐ言葉に共感しながら、

同じ感覚を共有できる心地よさを感じられるような、そんなブログを読んでいたいです。

 

そして私のブログも、誰かにとって、そんな場であったら嬉しいなと思います。

なので、どれだけの人に刺さるのかはわかりませんが、私の感性をなるべくさらけ出し、言語化していきたいです。

それを読んでて気持ちいい、と思ってくれる人がいたら、至上の喜びです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました