いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

長期投資って何だろう。改めて自分のスタンスとこれからの行動をまとめてみた。

スポンサーリンク
投資で大事にしていること

 

最近株価が大きく動いています。

それによって入ってくる情報も

今までとはすこし雰囲気が異なっているような気がしています。

 

しかし、

だからといって私は、今何かを変える必要はないと思っています。

投資期間を20年以上の長期スパンで考えているからです。

 

毎日チャートに踊る数字を見ずとも投資はできる。はず。

スポンサーリンク

私の投資スタンスを改めて記しておく

 

そういえば自分の投資スタイルについて、

断片的には何度も書いていますが、

まとめて書いたことがないなぁと気づいたタイミングでもありましたので

いい機会です。

buy&forget

 

私の投資方針は、

基本的にbuy&forgetです。

 

滅多なことがない限り、

証券口座にはログインすらしませんし、

投資しているファンドはもちろん覚えていますけれど、

何をいくら持っているのかも正確には把握していません。

 

積立投資の設定をしたら、

残りのやることといえば、引き落としができるように

預金口座の残高を管理することぐらいでしょうか…。

 

私の意志とは全く関係なく、

淡々と積立されていくだけ。

自動化の恩恵を存分に享受して続けております。

 

このスタイルは、リーマンショック直後に積立投資を始めたころから

何も変わっていません。

 

いえ、正確に言えば、変えようがなかった、

というほうが正しいでしょうか。

 

積立投資を始めたころは、

Twitterもやっていなかったですし、

毎日忙しく働いていて、

株価をチェックする余裕なんて一切ありませんでしたから。

 

ビジネス上必要十分である程度のニュースのみをチェックして

あとは家事や休息、

趣味や人との時間に使うことで精一杯。

 

文字通りの放置です。

 

これができたのは、こんな理由からです。

 

①「使い道のないお金」で投資をしているから

→当座の生活費を確保している

 

②投資対象が投資信託であり、分散されているから

→細かいメンテナンスが必要ない

 

③20年以上の長期スパンで見ているから

→投資目的が老後資金形成なので、短期的な騰落は関係ない

 

個別株がメインの投資ならこうはいかないでしょう。

なので私は手をだしません。少ししか。

私にとって投資は目的ではなく手段である

 

すこし前、こんなツイートをしました。

 

 

これに集約されています。

 

値動きには興味がないのです。

常識程度に知っておければよい。

 

ただ、Twitterをしていると、

必然的に目に入って来ますね。

 

むしろ情報が入ってきた方が

私にとってはよくないことかもしれません。

 

積立の日でなくても、

買い増ししたほうがいいのか?

など余計なことを考えてしまうことになるからです。

 

自分にとって不必要な情報を見て

「ノイズ」に感じてしまうような影響されがち人間なので、

見る時間を圧倒的に減らすか…など考えてはおります。

 

本音を言えば

投資と関係ない話をずっとワイワイしていたい。笑

 

だがそんな話は今はどうでもいい。

続けます。

基本的には何もしない

 

口座をマメにチェックして

残高が増えればしますけど、笑

結局見るだけで何もせず閉じるならば、

見る必要はないですね。

 

リバランスがどうのと言われたり、

アセットアロケーションをどうのこうの、と見聞きすることもありますが、

正直に言いますと私は何もしていません。

そこまでの戦略を立てていないと言えばそれまでになります。

投資家としては劣等生かも。

 

細かいことは気にせず、

自分が魅力的だなと思う投資信託に淡々と積み立てる。

 

これくらいシンプルでないと、

面倒になって私はたぶん続きません。

 

続けることが一番大事だと思っているので、

たぶんこれからもこのスタイルで行くと思います。

支えになるのはメンター的存在

 

このスタイルを貫こうとするならば、

積極的な情報収集は不要です。

 

しかし、ノイズが入ってくる環境に自分を置いている以上、

私もいつ何時ブレブレになるかわかりません。

 

現に個別株いいなぁとか

高配当いいなぁとか

フラフラしているわけですから。笑

 

そんな時、いてくれると助かるのが

メンター的存在です。

 

似たような投資方針や考え方の人がいると

ものすごく安心しますし、

その人の発信を読むたびに、原点に帰れるような感覚になります。

 

私がいつも拝見していて、

心が落ち着く、

駆け込み寺的な存在の方はお二方います。

僭越ながら、ご紹介します。

 

青井ノボルさん@sindanindex

りんりさん@SandP500ETF

です。

 

青井さんは何度かこのブログでも紹介しています。

インデックスへの投資を実践されていて、

私とスタイルは近いです。

もちろん違うところもありますが、

かなり似ていると思います。

 

それに加え、優しい文章の記事が

いつも私を救ってくれる存在です。

 

一記事を選ぶのが難しかったので、

カテゴリへのリンクを。

この記事内ならどこを読んでも安心するという最強の場所です。

投資方針
青井ノボルの投資方針に関する記事はコチラです。 インデックス投資を実践するにあたり、投資に対する基本的な考え方を書いています。 読者の皆さんが投資方針を固める際に、参考となれば幸いです。

 

 

 

りんりさんは、投資対象こそ私とは全くちがいますが、

とにかく一貫しているところを非常に尊敬しています。

 

ブログも毎日更新されていて、

Twitterよりもブログで

語って聞かせ、

行動を示し、

自ら実践し、

背中で教えるタイプの方だと

勝手に思っております。

 

記事の内容がめちゃくちゃかっこいいです。

りんりさんの記事を読むと

背筋が伸びる気持ちになるとともに、

フラフラしている自分にも喝を入れられたような気分になります。

 

どの記事から読んでも素敵な内容になっているので

この記事執筆時点での最新記事をリンクします。

 

「常識」株式投資で大切な事。株価が下落した時に大切な事。 : バンガードS&P500ETF(VOO)に投資するりんりのブログ
「投資の常識」私達は基本的に、投資で大切な事をすでに知っています。例えば、〇投資にはリスクが伴う。〇コストは最小限に。〇資産配分がリターンのほとんどを決める。〇投資の間違いの多くは感情によって引き起こされる。〇タイミングを計る戦略は、多くの人にとって長期

 

 

一つ言っておきたいのは、

私にとってこのお二方がメンターであるだけで(しかも勝手に。笑)

万人にとってのメンターとは限らないということです。

 

よくTwitterでは

ツイッタラーさんを紹介して

「フォロー推奨」という言葉を見かけますが

私はそれはしたくなくて。

 

投資方針や大切にしていることが違えば、

自然と情報を得る相手もそれぞれ違ってくるはずだなぁと思うからです。

 

このお二方は私にとってものすごく尊敬できて、

手本になる方ですが、

だからと言って誰しもに合うとは限りません。

 

でも、この記事を読んで私の考え方に近いと思われるのであれば

たぶん精神的支柱になると思います。

もしかしたらそんな方もいるかもと

勝手ながら紹介させてもらいました。

 

まとめ

 

私のスタンスは

・buy&forget

・意志と関係なく自動積立を淡々と長期で。

・基本的には何もしない。(リバランスなし)

 

だから

・証券口座も株価の騰落もほぼ見ません

・基本情報収集は必要ない

 

だけど

・メンターの存在はとても心強く安心できる

・投資仲間やブログ仲間との話は楽しいからTwitterも見ちゃう

 

こんなゆるい投資家もいるってことで。笑

 

 

というわけで、私の場合、

株価が下がろうが上がろうが

いつもとやることは変わりません。

 

関連リンク

 

ゆるいスタンスだったからこそ続けてこれたんじゃないかと

振り返って考察した記事です。

 

まわりがすごい人ばっかりでも

自分ができることをやっていこうと思った。

 

軸がブレそうになった時もありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました