いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

便りのないのはいい便り…?

スポンサーリンク
かるアウトプット

私の相方(と勝手にまだ思っている)が、久々にブログを更新してくれて。

 

 

ひと月以上空いた更新に、

「どんだけ待たせるんじゃこらぁ!ヾ(*`Д´)ノ」

という気持ちもなくはないですが(嘘。めっちゃ思ってる。笑)、

ひとまず、息災に過ごしているようで、安心しました。

 

 

相方に限らず、ブログ仲間(と勝手に思っている)のブログが更新されないと、

なんだか漠然とした不安を感じるというか、心配になってしまうんですよね。

 

でも、みんな忙しいことは知っているし、書きたいと思っても実際書くまで至らないまま、

いつの間にか日が経ってしまう、という感じなんだろうな、って。

 

みんな結構ベテランというか、始めてから数年経った人が多くて、私もそうですが、ブログを夢中で書く、という段階はきっと過ぎてしまっていると思うんです。

 

そうなると、日々の生活の中で、

ブログの優先順位は下がってしまって、ほかのことに時間を使うようになるというか。

新しく始めたこととか、今やらないといけないこととか、

そっちに時間を使いたくなるんだろうなぁ、って。

そんな想像をしています。

 

だから、更新がないからといって、心配する必要はないんだ、元気にやってるんだろうな、と思うんですけど。

 

 

でもね。

私はどうしても、「明日が来る保証はない」って思ってしまうから…心配になっちゃうんです。

 

 

以前書きましたが、私には「またね」という約束が果たせないままに

他界してしまった友人がいます。

 

 

彼女の遺影を見たときに感じた後悔は、忘れられません。

 

どうして、いつでも会えるなんて思い込んでいたんだろう。

どうして、明日も生きているなんて思っていたんだろう。

どうして、もっと早く連絡しなかったんだろう。

 

悔しくて悲しくて、立っていられないくらいでした。

 

 

それからです。

大切だなと思う人ほど、元気にしてるかなー?ということが、とても気にかかるようになってしまいました。

 

生死にかかわることだけじゃなくて。

何か困ってないかなとか、落ち込んでないかなとか、

そういう、精神的なところもふくめて、元気かなって。

 

 

だから、その人の「今」を知れることは、とても嬉しいことです。

 

 

楽しいことだけじゃなくてもいいんです。

特別なことがないド平凡な日だって、いいんです。

悲しいことやショックなことがあっても、、うーん、それはよくないけど、

でも、今を知れたら、それは嬉しい、というと語弊があるけれども…

少なくとも生きててくれるということは知れるわけだから、話してくれてありがとう、って思う。

 

 

便りのないのはいい便り、なんて言いますけれど、

ネットの世界では更新が途切れた、ブログがなくなった、ということが

逆によくない便りのことがあるのでね。

そういうことを経験してきたのでね。

 

 

どんな内容でも、更新という便りが、嬉しいんですよ。

 

 

なんて、自分勝手な想いを、つらつらと書いてしまいました。

せっかく1000文字も書いたので、自分勝手ついでにUPしちゃいます。

 

年度末だからいいよね。

 

こんな風にブログの更新を楽しみにしてる読者もいるってことで、ね。

許してちょ。

コメント

  1. くずのは より:

    ねこさん!嬉しいことがあったので報告です。

    このブログが上がった日に、Tくんにとって残念なことがあって…なんて声を掛けるか迷ったけど、思い切って本音の本音を素直に伝えました結果、お友だちとしてこれからもよろしくって言われました☺️ずーーーーーっと言いたかった感謝を伝えられたので、これから何があっても後悔はないです!背中を押してくれてありがとうございます!

    “勝手に思っている”の部分めちゃくちゃ共感したけど、わからないことを勝手にマイナスに考えてると悪い結果を引き寄せちゃう気がするので、これからは事実と妄想は切り分けて考えてみようと思います!

    • ねこまにあ ねこまにあ より:

      くずのはちゃん

      コメントありがとうございます(^^)

      なんだか、いいことがあった!!ということがとってもとっても伝わってくる文章でした。
      私が伝えたことが、ちょっとでも役に立てたなら嬉しいです。
      わざわざ報告くれて、ありがとう。元気そうでよかった!

タイトルとURLをコピーしました