いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

ハッピーバレンタイン!ということで愛の話でも。

スポンサーリンク
ゆる雑談

先日、普段ブログのアイキャッチを作ってるCanvaから、

「あなた自身の方法で愛を伝えましょう」

なんていうメールが届いたもんだから何事かと思ったら、

バレンタインが近かったからなんですね(*´ω`*)

 

 

“愛の伝え方”なんて、いいテーマだなぁ…

うん、借りよう。笑

 

 

「愛が深い」って

言われたことがあるんですけどね。

その人がそう感じてるなら、もちろんそのままでいいんだけど、

私が思うに、それって深さというよりも

“伝えてるか否か”だけな気がしてるんですよ。

 

 

それについては、

私はとてもこだわりというか、

信念を持っております。

 

 

感じた感謝や愛は、必ず伝える、という信念を。

 

 

伝えないと意味が無いとまでは思ってませんが、

伝えようとしないと伝わらないのは間違いないと。

 

 

ねこまにあ
ねこまにあ

ただ見守るだけの愛があることもわかるんだけど。。

これは私の考え、です。

 

 

そしてその“愛”について話す時、

私にとって欠かせない存在がいます。

まずその方をご紹介しましょう。

吉田美和さんです。

 

 

 

 

これ、知ってますか?

たぶん10年以上前の、広辞苑の広告なんですよ。

有名人に、その人といえば、という意味の言葉をあてたシリーズもの。

ちなみに美和ちゃん以外の方はこうです。

 

椎名林檎 『私』

黒柳徹子 『命』

美輪明宏 『自由』

手塚治虫 『夢』

太田 光 『笑い』

桑田真澄 『努力』

高見のっぽ『あそぶ』

 

どれもしっくりきますよね。

 

当時からばりばりのドリカムファンだった私は、

この広告のセンスに感動しましたね。

 

美和ちゃんには、愛という言葉がぴったり。

そもそもドリカムは、「恋から愛まで」をテーマに歌ってるんです。

(たしか)

 

広辞苑が認めた愛の代名詞、吉田美和。

そしてもうひとつ、美和ちゃんを紹介した理由が。

 

 

2007年に出たドリカムのアルバム、

「And I love you」

のキャッチコピーが

夢みることをおそれない。愛することをためらわない。

だったんです。

 

 

これを見て、なんて強いひとなんだと、思いました。

 

なぜならこのアルバム、

美和ちゃんの前の旦那さん(事実婚ではありましたが)を

病気で亡くしたすぐ後にリリースされてるからです。

(アルバムの最後の曲は旦那様にあてた曲になっています。)

 

 

最愛の人を亡くした直後に、

「愛することをためらわない」なんて言えますか?

 

いやぁ、すごいな、と思って。

ほんと感動したんですよね。

 

 

その影響を強く受けて、

例えば最後に悲しい結末が待っていたとしても、

その時その時、一瞬を大事に、

精一杯愛そうと、

私は心にその言葉を刻みました。

 

今でもことあるごとに思い出す大切な言葉です。

 

 

これは恋人や家族に限った話ではなくて、

たとえば友人でも。

 

 

私のとても仲がよかった元同僚は、

3年前若くして他界しました。

 

また会おう、と約束したまま、

いつでも会える、と思って私が連絡を怠ったまま。

 

次に会うのが遺影になるだなんて、

思ってもいなくて。

 

 

病気じゃなくても、

事故や災害で、いつどうなってもおかしくないじゃないですか。

 

 

現に私は、東日本大震災が発生した時、

ほんの数メートル先にガソリンスタンドの看板が落ちる、

という体験をしました。

鉄の、でかいやつ。

 

あと少し、自分のいた位置が違ったら、

私は今ここに存在してません。

 

いつどうなるか、と考えることは

大袈裟かもしれないけど。

でもほんとにどうなるかなんてわからないから、

伝えられることは、伝えられるうちに、伝えたいんだよね。

 

「さよなら」としっかり言って今生の別れができることなんて滅多にないでしょうから

だったらせめてその都度感じた気持ちくらいは伝えていきたい。

 

そのために、言葉を持っているのだから。

 

 

伝えることで、私の愛が重いと思われても、

それが理由で去られたとしても、

それはそれで仕方ないことで。

私とその人が、

大事にしてることが違うだけ。

ご縁がなかったということです。

 

伝えることと、気持ちを押し付けることは、

私の中では少し意味が違います。

 

だからそれはしたくないけど、

伝わらないまま、誤解されたままでいるのが

一番残念。

 

好きなものは好き、

感謝の気持ちを感じたら素直に、

ちゃんとしっかり、伝えていきたい。

 

 

そしたらさ、もしかして相手が、

少しでもいい気分になってくれるかもしれないし。

あと、辛い時や苦しい時に、

甘えてもいいのかなって、思ってくれるかもしれない。

 

 

私の周りには

とても頑張り屋さんが多くて、

1人で、孤独に、黙々と、

がんばってる。

 

それが辛くないなら、いいんだけどさ。

たまに、なんだか、

無理してるように見える時があるの。

 

そんな時に、

私を思い出してくれたらいいなぁって。

 

ずっと近くにいて話しかけるわけにいかないから、

何かあったときに、安心して頼れるように

愛を伝えていくのです。

 

 

ここ最近、

傷つくのが嫌、というほうが勝ってしまって

人に近づきすぎるのが怖くなって、

そのスタンスも崩れつつあったけど、

やっと取り戻してきたヽ(*´ω`)ノ

 

私の目指す姿はこの曲の状態です♪

 

 

 

そんな、私なりの愛の話でした( *´艸`)

ハッピーバレンタイン!(*゚▽゚)ノ

コメント

  1. LINS より:

    今この世界に我々が生きているのは当たり前なことではない・・・。
    そのことを心に刻み、周りの人への感謝や愛を忘れずに生きていかねばなりませんね。

    • ねこまにあ ねこまにあ より:

      LINSさん、コメントありがとうございます!
      いつもコメントいただくRINSさんでしょうか??

      事故や災害が起きる度、身につまされる思いがします。
      さよならを言って今生の別れができることのほうが少ないでしょうから
      せめてその都度感じた気持ちくらいは伝えていきたいですね。

  2. RINS より:

    あ、打ち間違えてました・・・。RINSです(恥)

タイトルとURLをコピーしました