いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

日本シリーズ

スポンサーリンク
ゆる雑談

日本シリーズ、終わりましたね。

お疲れ様でした。

 

野球ファンにとってはシーズンの終わり。

野球という娯楽なしで長く耐え忍ぶ冬が来ます。

 

といっても例年よりもだいぶ遅くまでやったシーズンになりましたから、

来春の開幕が予定通りになるのであれば、いつもよりも野球のない期間は短く済みそうですね。

 

いやぁ、それにしてもホークス強かった…

こんなに強い!?てくらい強かった…

もう引くレベル。

 

こんなチームと戦ってたのか…と思うけど、143試合やるペナント(今年は120試合ですが)と、ポストシーズンの短期決戦は全然違いますもんね。

ペナントももちろん強いけど、短期決戦では勝てる気がしない圧巻の試合運びでした。

 

まー、これについては語り出すと5000文字はいくんじゃないかってくらい、この日本シリーズで思うことはありましたけど、さすがにそれはやめとくとして。

 

総じて、相手に流れを渡さない術が素晴らしかったですね、ホークスは。

 

 

たとえば昨日の試合です。

 

 

一回表、巨人は連打、ノーアウトで1点先制。

幸先のいいスタートを切って、更に6番中島がファールで粘りに粘り、先発和田に14球も投げさせます。

 

最後は空振りに終わるのですが、一回だけで35球も費やすことに。

その粘りの姿勢もふくめ、今日はジャイアンツ行けるかも?というムードにさせてた…

 

 

のに!!!

 

 

次の回であっさりツーランホームランで逆転ですよ。

 

これについては、とてもうまく表現したツイートを見つけましたので、そちらを引用することにしましょう。

 

 

まさにこれ。

これ以上ない表現。

 

しかもね、スコア見てくださいよ。

 

 

点を取った後にすぐ取り返す(むしろ逆転)。

そしてその後しっかり抑える(2回表無得点、しかもたった12球で)。

裏にはダメ押しの追加点(2回裏ツーランHR)。

 

もう、王道の攻め方ですよ。

嫌な流れを断ち切るどころか、その波を利用するかのように自分たちの流れを引き寄せてる。

これやられたら戦意喪失するだろうなぁ。

 

試合は9回まで何があるかわかりませんが、

2回終了時点(むしろ2回表終了時点)で「決まったな」て思ったのは私だけじゃないはず。

 

それくらい、強かった。

 

 

まーでもね、ホークスのほうが気持ちも見えたよね。

 

これはいちファンとしての意見ですが。

 

試合というのは、どうしても勝負がつくもの。

敗者は必ず出るし、「勝たないと絶交だからね!٩(๑`н´๑)۶ プンスカ!」とまでは思ってないですよ。

 

でも、勝ちたいと思う気持ちが見えるかどうか。

これは非常によく見ますね。

 

そういう意味では、試合の中で巨人からそれが見えにくかったのは、ちょっと残念かな。

 

日本シリーズですから、もちろん巨人だって気合入れて臨んでたはずなんでねー。

それがプレーに出てほしかった。

なんていうかもっと、なりふり構わない感じというか、必死さというかね。

 

なんでだろうね?なんかずっとホークスのほうが全力プレーだった気がするんですよ。

勝ってても、リードしてても、それに胡坐をかかないというかさ、泥臭い感じ。

 

なんで?っていうのを説明するのがすごく難しいけど

なんかそう見えちゃった。

 

 

ここまで書いて、他の人はどう見たのかなー?と思って、愛読ブログを覗いてみたら、

あったあった、ありましたよ。

さすが、書くの早い。

 

やっぱり視点が違うと書き方も全然違いますね。面白い。

セリーグとパリーグの違いとか、セリーグの課題とか書いてる( *´艸`)

 

よかったらこちらも読んでみてくださいな。

 

今日も読んでくださりましてありがとうございます!最後にポチっと1クリックしていただけたらすごくうれしいです!
スポンサーリンク
ゆる雑談
スポンサーリンク
\この記事がいいなと思ったらぜひシェアしてください!/
ねこまにあをフォローする
ねこのきまぐれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました