いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

ゆる日記~楽天イーグルス渡辺直人選手が引退。会見で感じたのは淋しさだけじゃなかった~

スポンサーリンク
ゆる雑談

 

楽天イーグルスの渡辺直人選手が、数日前に引退を発表しました。

私は球団公式Twitterの発表で第一報を知ったんですけど、

まー、驚きましたね。

 

考えてみれば、年齢も年齢で(今年40歳)

今年は兼任コーチもされているし、そういう時期といえば時期なんですけどね。

やっぱり、引退ってなると、淋しくなりますよ。

 

ご存じの方も多いでしょうが、直人さんといえば、最初は楽天に入団したのですが

トレードで横浜に出され、さらにまたトレードで西武へ移籍、

西武で戦力外を受けたところに楽天が声をかけ、戻ってきたというなかなかドラマチックな経歴の持ち主。

最初のトレードで横浜に行くときは、チームメイトも直人さんも号泣していて、

そのシーンはとても印象的で、ファンの間でも思い入れの特に強い選手だったみたいです。

 

私はその頃は楽天のファンではなく、詳しい事情は知りません。

ですが西武時代、楽天戦で直人さんが打席に立つときは、

敵なのに、楽天のホームスタジアムなのに、拍手が起こるという現象に何度も立ち合い、

愛されていた選手だったんだなというのをそのたびに感じました。

(複雑な感情でしたけどね。笑 だってヒット打っても拍手するんだもん。。今は敵じゃああ!! ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!とか思ったり…ね。エヘ)

 

そんなわけで、楽天に戻ってくるとわかったときは、ファンも大歓喜。

いまいちピンと来てなかった私も、メディアでよく見かけるようになってから、

選手に慕われファンに好かれる理由がよくわかってきました。

明るくて、チーム想いで、チームメイト想いで、いい選手なんですよね。

西武からイーグルスに移籍してきた浅村さんも、直人さんがいたことでとても心強かったと思いますよ。

そういう架け橋にもなってくれてたでしょうね。

ベンチにいる姿を見るだけでなんだかほっとするような選手です。

きっとほかの選手も同じなんじゃないかなー?

だからこそ、淋しい。

 

それで、昨日会見が配信されてたので、見たんです。

泣きました。笑

 

特にこの言葉が印象に残りました。

 

「楽天で引退できてよかったです。」

 

いやこれは泣くでしょ。

色々あったから出てきた言葉なんだろうし、と思うとね。

 

でも、自分で引退を決められるって、プロ野球の世界ではとっても恵まれているというか、

素晴らしいことだと思うんですよね。

 

予期せぬ戦力外通告を受けたり、怪我で引退せざるを得なくなったりする人も多い中で、

一度西武から戦力外を受けつつも、自分で区切りがつくまでプレーできたことが

直人さんの選手としての価値を感じますよね。

 

しかも、思い入れのある球団で最後を迎えられるなんて、

それについては本当によかったなぁって。

ありがとう、よかったねって思って、淋しさもあったけど、なんか感動しちゃった。

 

あとなんかね、嶋さんのこと、思い出しちゃって。

嶋さん、ヤクルトに行くことが決まって、テレビ出た時、言ってたんですよね。

「できれば最後まで楽天でプレーしたかった」って。

 

嶋さんにも、楽天でユニホームを脱ぐまで、

同じようにできなかったのかな‥直人さんと同じくらい貴重な選手だったよね…

と思わずにいられなかったですね…

 

嶋さん…元気ですか……

 

嶋さんの話をし出すと止まらなくなるので、最後にもう一つ、

考え方として印象に残った直人さんのセリフを紹介して、終わります。

 

「期待に応えられないときもあったかもしれないけど、でも手を抜いたことはないし、全力を尽くした結果なので、勘弁してください。」

 

何かを一生懸命に頑張っても、結果が出る時ばかりじゃない。

だから、全力を尽くしたらもう、結果出なくても許してって言えるお茶目さというか、

厳しすぎないところというか、こう考えられるのって素敵だなって思ったんです。

 

私は期待にこたえられないと「期待に沿えなくてごめんなさい…」って自分を責めてしまうタイプなので、

この視点はなかったなあって、目からうろこでしたよ。

今度からこう考えてみよう。

 

では今日はこのへんで。

 

直人さんの会見全文はこちらから見られます。

ご興味があればどうぞ。

 

こんな記事も書いてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました