いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

投資って人に勧めるもの?を考えてみた。

スポンサーリンク
投資で大事にしていること

 

かるーい気持ちでツイートしたら、

リプ欄が盛り上がりました\( ‘ω’)/

 

 

共感だったり「自分はこう」という意見だったり、

色々頂戴したのですが

今日は、これに関する自分の考えを

もう少しだけ深くお話ししようと思います。

 

私は何かを勧めるということはしない、という話。

 

スポンサーリンク

私にとっていいもの=誰かにとっていいものとは限らない。

 

前にですね、

「なんで投資を勧められないんだろう」って

考えたことがあったんです。

 

 

「投資の未来を信じてないのか?」→だったら自分でしてない

「責任を問われるのが怖いのか?」→それはある

「じゃあ自信をもっていいと言えるものなら勧められるのか?」→どうかな…?

 

 

勧めるって、要は営業なわけですよね。

プレイべートならもちろん利益は発生しないわけですけど。

 

そこで、一番自信をもっていいと言えるものなんだったら、

営業できるのか、と

考えたんです。

 

一番自信をもっていいと言えるもの。

 

 

猫ですね。

 

 

ジャンルが違うとか、

そのへんのツッコミは一切スルーするとして。

 

猫のことを、みんなに自信をもって勧められるか。

答え:勧められない。

 

なぜか。

 

答え:私にとって猫は正義であり神だけど、

他の人にとってそうとは限らないから。

 

犬派の人もいるし、

ハムスター派の人も、

アロワナ派の人もいますよね。

 

私の考え方って、

基本的にこれなんだと思います。

 

自分にとっていいものが、

他人にとっていいとは限らない。

 

加えて私は、自分の人生を生きることで精一杯。

だから人様のことを考えて

おすすめできるような余裕は

持ち合わせてないんですねぇ。

 

普段「人のため」と思ってやってることなんて

何もない。

 

ブログだって自分のため。

自分の中にたまってきた言葉を

書いて吐き出してるみたいなもんです。

そしてそれが楽しいからやってる。

 

第二順位として

読んで何かしら感じてもらえたらうれしいな、と思ってるだけ。

 

それだって、嬉しいのは自分なんだから

自分本位ですよね。

 

Twitterも同じだし、

もしかして「人のため」と思われてるかもしれない交流会だってそう。

自分がやってて楽しい、と思うからやってる。

 

 

 

投資は楽しいわけじゃないけど

自分のためにやってる。

 

だから、人に勧める理由がない。

 

ただそれだけの話。

 

人のためを思うんだったら、

たぶん勧めた方がいい場合も往々にしてあると思いますよ。

 

以前していた仕事で、

家づくりの相談を受けていたんですけど。

家づくりって大きな買い物だから

迷って行動できなくなるパターンが結構あって。

とはいえ必需品でもないから、

もう考えることを放棄して家買うこと自体やめちゃうってことも

ままあるんですよ。

 

その時に、

お客様に対して何もしないでいると、

当然何も進まない。

そこで、踏み込んで、

「今こうだからこれが必要じゃない?」ってアドバイスすると

途端に進むことがある。

 

だから経験上、知ってるんです。

 

お節介とか、背中押し、みたいなことって

結果的にその人のためになることってあるんですよね。

それは何度も目の当たりにしてきた。

 

だから勧めることを悪いことだとは思わない。

ただ私がしないだけ

 

私ですね、

その人に介入したくなさがすごいんですよ。

 

何言ってるかわかります?

 

何かを勧めたりするのって、

その人に「こうあってほしい」みたいな期待があるから

そうするわけですよね。

 

あとは、心からこれがいいと思うから、

同じ体験をして幸せになってほしい。とか

 

要はその人のことを考えてるってことですよね。

程度を間違えるとお節介になるんですけど。

 

私にはそれがないんですよ。

 

たぶん、あまり他人に興味がないんだと思います…

 

あ、でも、身近だったり、大事だと思ってる人は別かなぁ。

それでも自分から勧めるってことはまずないな。

 

相手が興味を持ったら話す、くらいですかね。

 

だから私が勧めることがこの先あったとしたら

よほど気に入ってるか、

ものすごく相手のことを思っているか

裏でお金が動いているか。笑

のどれかだと思ってくださいな。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました