いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

リーマンショックの時の話

スポンサーリンク
500文字ブログ共通アイキャッチ 経験に学ぶ

銀行員時代の話。

私は投資商品を売ってた。

 

投資関連の情報が載る通達の中で、

山一証券出身の上司が言ってたこと。

「バラ色マーケットは続かない」

 

一度や二度ではない。

でも誰も耳を貸さなかった。

売れば上がる。

お客様も喜ぶ。

だから売れる。

その好循環。

止められるはずがなかった。

 

そんな中起きたリーマンショック。

最初は楽観的。

下げた!買い増しだ!

それでも下げた。

もう何も出来なくなった。

 

お客様からは問い合わせと投信解約相談の嵐。

加えて住宅ローンの条件変更。

ボーナスがカットされて、返済分が払えないからだ。

相次ぐ暗いニュース。

終わりの見えない景気低迷。

 

 

 

 

次に暴落が来た時、

「ほらきたじゃん!何も出来ないじゃん!」と

嘲笑いたいわけではない。

 

リーマンショックの大変さを語って

その時代を知ってることを崇められたいわけでもない。

 

ただ、知らない、想像がつかないというならば、

ちゃんと警鐘を鳴らしてくれる声に耳を傾けて

損はしないと個人的に思う。

 

警告してもウザがられるだけなのに、

ちゃんと発信してくれることはありがたいなと私は思うから。

そして知ることが、

結果自分の身を助けることになる可能性があるから。

 

 

例えばこういうのとか。

 

このルールに則って毎日更新中!↓

 

500文字ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました