Twitterでの情報収集、卒業?

500文字ブログ

情報収集としてのTwitterは、

卒業してもいいのかも、と最近思います。

 

ポイントは、「情報収集としての」ツールということ。

楽しむためとか、発信するためには、

もう少し使っていきたいと思うんですけど。

 

一つの事柄に関する情報を集めるには、

Twitterは、私には向いてなさそう。

あらゆる方向から意見が飛んでくるので、

取捨選択が大変。

 

いっぺんに何百人もの人が話すのを聞いてるわけだから、

それは大変よね。

 

基本「流れてくる」ものだから、

自分で「選び取る」ことは難しい。

 

情報の新しさ、多様性があって、色んな意見が聞けるTwitter。

一方、

一つのことについて体系的に知れる本や、

その人の考えだけを集中的に知れるブログ。

目的によって変えていいんだろうけど、

今の私に必要なのは、後者なんだと思う。

 

最近はブログも動画も、

面白そう!て思うものを片っ端からつまみ食いするんじゃなくて

発信者を狙い撃ちで見に行ってるから

だいぶ楽になったな。

それを見つけるまでちょっと大変だった。

 

もしTwitterを始める頃の私にアドバイスするとしたら

「幅広く見るんじゃなく、早めに自分の考えに近い人を見つけることに注力して」

って言うと思う。

 

 

このルールに則って毎日更新中!↓

500文字ルール

コメント