いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

【ゆるく読む日経新聞 今日の気になる記事】6/13朝刊~プロスポーツ×投げ銭~

スポンサーリンク
日経新聞気になる記事

 

おはようございます。

 

今朝の日経新聞から。

 

見出し一覧で気になったのは、

 

『欧州、在宅勤務が標準に、独英、法制化の動き、米、民主導で定着へ。』(1面)

『2次補正予算成立、今年度歳出160兆円、迅速な執行課題。』(1面)

『小池氏、出馬を表明、都知事選再選目指す。』(1面)

『世界株、脆弱性あらわ、米「恐怖指数」40台に上昇。』(3面)

 

など。

 

しかし取り上げるのは全く視点の違うこちら。

 

『プロスポーツ再始動 収入減、忍耐のシーズンに』(5面)

プロスポーツ再始動 収入減、忍耐のシーズンに(写真=共同)
新型コロナウイルスの感染拡大で軒並み止まった国内プロスポーツが動き出す。プロ野球は予定より3カ月遅れの19日に開幕し、サッカー・Jリーグの1部(J1)は7月4日に再開する。選手にPCR検査を実施する

『プロスポーツ再開、「投げ銭」・VRで楽しみ方提案』(5面)

プロスポーツ再開、「投げ銭」・VRで楽しみ方提案
国内のプロスポーツが19日のプロ野球を皮切りに動き出す。近年はIT(情報技術)会社を親会社に持つプロスポーツチームは多い。無観客試合などで収益機会が減る中、各チームは「投げ銭」機能や仮想現実(VR)

 

野球好きの私は、

まもなく迎える開幕と、

その前にやってる練習試合でもうウキウキなんですけど。

無観客でやるとなると、収入面相当厳しいだろうなと言うのは

容易に想像がつくわけで。

 

大丈夫なのかな?とは思ってましたが、具体的に赤字の見込み額が出てましたね。

 

DeNAは、シーズンオフの四半期には毎年赤字なんですって。

それだけ野球関連の収入が大きいんですね。びっくり。

そこへきて試合数減+無観客ではかなり痛い。

 

少しでも収入が増える可能性として、

ITを使った投げ銭が紹介されてます。

例えばネット配信での試合観戦中に選手がいいプレーをしたら

「投げ銭」をするっていう。

 

ファンとしても選手に頑張ってほしいし、

モチベーションになるなら、とか

チケットが買えない分少しは貢献したい、とかで

数百円とか少額の投げ銭なら喜んでしてくれる気がしますね。

試合見ると興奮するし、財布の紐もゆるむかも。笑

 

どんな事業もそうですけど、

苦境に立たされた時、どんな工夫をするかっていう

手腕が試される状況が続きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました