いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

夜な夜な、セーターを手洗い。上質な服を普段着になんて無理だと気づく。

スポンサーリンク
ゆる日記

昨日は、大切な友人とデート。

普段は着ないようなお高いセーターを引っ張り出して、おめかしして会ってきました。

それはとても楽しい会合で、午前中の数時間だけでしたが、慌ただしい年末のよい息抜きになりました。

 

その夜。

私はお風呂に入りながら、そのセーターを手洗い。

お高いセーターだから、洗濯機では洗えないのです。

 

セーターってコンディショナーで洗うといいんですってね。

動物の毛だから?

人間の髪の毛にいいものは、動物の毛にもいいのかしら。

 

昼間、わざわざ寒いお風呂場でコンディショナー使うことはしたくなくて、

お風呂中にやってしまえ、と裸のまま洗っておりました。

 

その後、優しく絞って、丁寧に広げて、平干し。

…とまあ、書いてしまえばあっさりしたものですが、

これを着る度にやるのは、大変なのですよ。

普段は洋服って、脱いだらそのまま洗濯機、なのですから、

そこからひと手間もふた手間も増える洗濯はそれだけで億劫です。

 

なので、上質な服は特別な時にしか着たくない、と思ってしまいます。

 

普段着を上質なものにすると、毎日が幸せになる、なんて聞いたことがありますが、

それは私には当てはまらないみたい。

 

上質な服は、往々にして、お手入れに手間がかかるのです。

特別な洗濯や、アイロンがけ、干すときにも伸ばさないようにと気を使ったり。

 

普段からそんなことをするのは、私にはとてもじゃないけど無理。

 

着ているときにも、汚しはしないかとヒヤヒヤしてしまいますし、

ねこ様が甘えてきても、「爪引っ掛けないでね!」と緊張感が走り、リラックスできません。

 

たしかにね、着心地の良さとか、身にまとう幸福感というのはあるんだけれど。

私はどちらかというと、気軽に着れて、ちゃっと洗濯できて、さっとしまっておけるような

そんな普段着のほうが心の安定が得られます。

 

 

普段着も上質なものに、というのは、以前読んだ『フランス人は10着しか服を持たない』っていう本に書いてあったものです。

読んだときにはそんな生活にあこがれたものですけど、実際は無理でしたね。

 

本にあるような幸せのノウハウも、すべて自分に当てはまるわけではなくて。

自分が生活していて、心地よい、と思えることが一番で、それを見つけて認めるとものすごく楽になりますね。

 

誰かにとって幸せなことが、私にとっての幸せではないし、そうある必要もない。

そんなことを考えながらセーターを洗う夜でした。

今日も最後まで読んでくれてありがとう。
スポンサーリンク
ゆる日記
スポンサーリンク
\この記事がいいなと思ったらぜひシェアしてください!/
ねこまにあをフォローする
ねこのきまぐれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました