いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

自分らしく書く

スポンサーリンク
ゆる雑談

「あなたの書く文章は優しい」

 

新年早々、こんなご褒美みたいな言葉をいただきました。

 

たまにいただくこういう感想は、ご褒美だと思ってありがたく受け取ります。

これに限らず、癒されるとか、好きだとか、そういうのも全部。

 

あ、ちがうの!!自慢したいわけじゃないんです。

 

私の文章って、謙遜ではなく本当に、大したものでは全然ないと思ってて、

上手でもないし、独創性があるわけでもないんです。

 

それでも、そんな私にもご褒美があるんだから、

自分らしく書けば、きっと誰のでも誰かにとって素敵だと思われる文章になると思う、

っていう話をしたいんです。

 

 

だってさ、もうなんていうか、身に余る言葉なんですよね。

 

もちろん、ものすごく嬉しいんですけど。

毎回、スマホやPCの前で、ひとりニヤつきが止まらなくなるくらい嬉しいんですけど。

 

あと、受け手が感じることを否定したくないなとは思うので、

そんなことないです、なんて絶対に言いたくないんですけど。

 

けど私自身、決して優しい人間だとは思えなくて、

「いい人」ではない要素のほうがきっと沢山持ってます。

 

器が小さいから受け入れられる人は少ないし、感情の浮き沈みが激しいし、

周りと比較して落ち込んだり嫉妬したり。

 

そんな小さい人間なんです。

きっと文章にもそれが表れてるはず。

 

だけど、その、いわば負のエネルギーみたいなもので書いてる、ていうところはあるんですよね。

 

自分が抱える劣等感やコンプレックス、

気にしすぎる性格、

それをずっと「悪いもの」として認識してて、直さなきゃいけない、と思い続けてきました。

 

でも、その要素があるからこそ気づく視点がある。

 

それを、素直に表現してみる。

 

すると、共感してくださったり、安心したり、よく言ってくれた、と思ってくださる方がいる。

 

それもひとつの在り方じゃないかと思うようになりました。

 

刺さる人は少ないかもしれないけど、どこかにはいる。

それがたった1人だったとしても、

その1人が読んでよかったと思えれば、書いてよかったと思える。

 

今、PVにこだわらずのらりくらりとブログを書けているのは、こんな考え方をしてるからです。

 

私が意識してるのは本当にこれだけで、

だから誰でもできるんです。立派でも何でもない。

 

なのにその考えのもとに書いてると、たまにご褒美をもらえるんです。

なんて素晴らしい。

なんてありがたい。

 

だから、下手くそでも、あまり読まれなくても、

「自分が書くものなんて…」と卑下するのだけはやめよう、と思っています。

 

・有益じゃない

・つまらない

 

それは受け手が決めることで、発する側が決めることではないから。

 

 

それでも反応の数=評価という思考に陥りそうになる時はあります。

いいね数、フォロワー数、PV数。

そこで比較してしまいそうにもなります。

 

 

そのたびに、私が求めているのは多数からの支持なんだろうか?と自問するようにしています。

そしてその答えはいつも否、です。

 

 

最近、インフルエンサーの書いたブログを久しぶりに見ました。

そこには「みんなのために」と書いてありました。

 

皆のニーズを探り、大衆の求めるコンテンツを提供する。

自己研鑽して、身を削って、頑張る。

これがたくさんの人に支持される所以なんだろうと思うと同時に、

自分とは真逆だ、と痛感しました。

 

 

私はたくさんの人に支持されなくていいから、好きなように書きたい。

その結果、たまにご褒美がもらえるならもう十分。

 

どちらが良い悪いではなくて、進みたい方向の違いなんでしょうね。

 

数多いるブロガーの中で、こんな人もいていいんじゃないか、

と自己肯定しながら

やっぱり楽しく書いていきたいなあ、と改めて思うのでした。

今日も読んでくださりましてありがとうございます!最後にポチっと1クリックしていただけたらすごくうれしいです!
スポンサーリンク
ゆる雑談
スポンサーリンク
\この記事がいいなと思ったらぜひシェアしてください!/
ねこまにあをフォローする
ねこのきまぐれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました