いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

ゆる日記~縛られるのが好きか膨らませるのが好きか~

スポンサーリンク
ゆる雑談

 

久々に、朝の30分でどれだけ書けるかシリーズのゆる日記、やってみたいと思います。

 

最近は、書きたい記事にかかりきりになってて

ゆる日記を書こうなんて余裕もなかったですからねー。

 

そう考えてみると、

ゆる日記を書く書かないというのは、

ある程度自分に余裕があるかどうかのバロメーターになるのかもしれません。

 

しかもつい最近までは

長い長い梅雨のおかげで朝さんぽの機会も奪われ

朝歩かない、となると自然と早起きの習慣も失われてしまい、

もうちょっと寝る…とついつい布団にもぐりこんでしまう始末。

朝の余裕なんてあったもんじゃないような生活でした。

 

書きたい記事を全部書き終え、

梅雨が明けて朝さんぽも復活した今だからこそ、ゆる日記も書けるというものです。

好きに書ける場所と時間は、本当に貴重ですね。

 

好きに書く、といえば。

 

私は一度500文字ブログ、というシリーズをやって、

500文字以内と書くハードルを下げて、

その代わり毎日書こう、というチャレンジをしたことがあるのですが。

そこで「文字数制限」という縛りの中で書く、ということが

とても好きになりました。

好きと言うか、むしろ快感の域ですね。

(変態じゃないよ)

 

こないだTwitterをぼーっと見てたら

「140文字以内で書くの難しくて、ツイートしたいことはあるのに書けない」と嘆いていた方がいらっしゃって、

ああ、その気持ちもわかるなぁ、と思ったんです。

下書きばかりどんどん増えたりしてるしね。笑

でも、私はですね、その難しい中で勝負するのがめっちゃ好きですね。

縛られれば縛られるほど好き。

(変態じゃないよ)

 

Twitterなんて特にそうですが、

140文字を超えたら投稿すらできないという

スーパー縛りなわけですよ。

その中で、自分が言いたいことをコンパクトに

過不足なくまとめられたときの快感ったらないんですよね。

(変態じゃ…以下略)

 

だから、縛りがあればあるほど挑戦したくなります。

それが、私がTwitterにハマってる理由のひとつかもしれません。

 

数々の縛りの中で文章を書いてきた者から言わせてもらえば、

だいたいのケースで、無駄な表現って探せば出てくるんです。

 

私で言うと、

言いたい伝えたいという気持ちが強すぎて、

同じようなことを何度も書いてしまうことが、よくあります。

 

書いてるときは熱が入ってるので気づきませんが、

時間をおいて見てみると、「あれ?同じ主張が言葉を変えて何度も出てくる💦」

となってしまう。

 

あと、説明がくどくなってしまったり、というのも、

すごくよくありますねぇ…(反省)

 

そういう時縛りというのは本当に便利で、

この文字数の中で書く、と決めてしまえば、

何度も繰り返し伝えたい言葉や長い説明も、

無駄な修飾語や接続詞もどんどんそぎ落とされて、

自然とダイレクトに伝わる文章になっていく…気がしてます。

 

私はその、洗練されていく感じがとても好きで、

だからこそなるべく文字数制限のないブログでも、

MAX2000文字くらいになるように、と意識して取り組んでいます。

 

でも、

それだけが正義ではないよな、とも思います。

 

簡潔にしすぎると、誤解を招いてしまう表現になったり、

色んな解釈ができるようになってしまったりして、

正確に伝わりづらい面があるのも、たしかなんですよね。

 

それに、無駄な表現と先ほどは言いましたが、「無駄を楽しむ」みたいなことも、

もちろんあっていいと思うんです。

 

小説を読んでいたりすると、やけに情景を詳しく描写する作家さんとか、いますよね。

私は本筋に関係ないことは飛ばし読みしてしまったりしますが(失礼)

あまりにきれいな表現だと、そこばかり繰り返し読んでしまうこともあります。

それもまた、才能だなぁ、と思ったりするんですよね。

 

要は、

私みたいに「縛られて書くのが好き」か

はたまた「膨らませることが好き」か。

どっちも個性で、それが文章の味になるよなあ、と思いました、まる。

 

 

…何を書いてるんだろう?笑

 

では今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました