いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

鬼滅の刃23巻

スポンサーリンク
PR
画像タイトルや代替えテキスト
ゆる雑談

どうしても今、読みたかったんです。

 

 

もう少しでレンタル開始とわかっていたけど、見かけた時に欲しくてたまらなくなってました。

 

 

鬼滅の刃、23巻。

 

 

今までずっと、レンタルで読んでたんですが、最終巻だけは買ってもいいなと思ってました。

ほら、出てからレンタルされるまでってタイムラグがあるでしょう。

最終巻は一刻も早く読みたくて、それなら買うしかないよな、と。

 

でもね、予約わすれてましてね、うっかり。

一応、発売日に行ったんですけど、書店。

もう売り切れてましたわ。

まあそれはそうだよね。。

 

そこから、本屋行くたびに在庫見てたんですけどやっぱなくて、

一昨日、ついに発見!

買いましたよ。

読みましたよ。

 

いやぁ、まさか無惨様と炭治郎があんなことになるなんてね…

 

あ、先に言っておきますが、ここでネタバレはしないですよ。

 

こないださ、Twitter見てたら、結末ツイートしてる人がいるでやんの!!! ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

よくないよ。

あのさ、

スポーツの試合とか、テレビ番組とかならいいと思うの。

全員同じ時間に見るでしょ?

 

だから、Twitterしてたら、同じタイミングでみんな見るからさ、

なんていうかこう、一体感、リアルタイム感の共有、みたいなことができて楽しいと思うの。

 

でもさ、漫画とか、小説とか、映画とか、配信もののドラマとか、

そういうののネタバレはしちゃいけないよ。

みんな読む(見る)タイミング違うんだからさ…

 

…よくないよ……(´・ω・`)

 

 

で、話戻って、鬼滅の刃です。

 

いやー、面白かったね。

でも、終わっちゃったね。さみしいね。

 

読み終わった日に、お風呂入ってて、なんかふと、なんで鬼滅って面白いのかなって、考えちゃったんです。

そんなこと気にせず楽しめばいいのにね。笑

 

そういうとこある、私。

何かにつけて理由を知りたくなっちゃうみたいなとこ。

人にもすぐ「何で?」って聞くしね…だって理由って考え方出るから面白いじゃん?

 

 

まあそんなことは置いといて。

 

 

個人的な面白さは、鬼の最期だと思います。

 

もともと鬼は人間だったじゃないですか。

でも鬼になった理由は様々で、

その中には嫉妬とか、劣等感とか、憎しみ、恨み、壮絶な過去とかが隠されてて。

やったことは許されることじゃないけど、

それを語る最期の場面が描写されることでなんというか、共感するんです。

 

自分の中にもそういう醜い感情や過去は、間違いなく存在するものだから。

「わかるよ、わかるけど、辛いけどさ、

それを理由に人を傷つけちゃだめだよね」って、

そこで自分もたまに落ちそうになるダークサイドから救われる気がするんです。

 

 

そいでね、そんなこと思ってたら、

23巻の、カバーのね、最後のところに、作者からのコメントを見つけて、

すごく納得したの。

 

もうだめだ、と思った瞬間こそが、道を踏み外さないように踏ん張るときです。
困難な状況や苦しい境遇に負けないで欲しいです。

 

だって。

 

鬼が滅する前、鬼になった背景を丁寧に描いてたのは、

作者さんのこういう想いがあったからなのかなー。

 

鬼にならないように、頑張ろう。

 

 

 

\応援ありがとうございます!/

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク
ゆる雑談
スポンサーリンク
ねこまにあをフォローする
ねこのきまぐれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました