【弱音です】書くことへの自信を少しなくしかけている

気持ちを語る

ブログ村というのに参加させてもらっていて、

そこからのアクセスを割といただいております。

 

Twitterで集客をしていない今、

とてもとてもありがたいです。

今見てくださっている方も、本当にありがとうございます。

こんな暗いタイトルなのに。笑

 

ブログ村に登録するとき、

ジャンルをすごくすごく迷いました。

 

なぜならこのブログにはいろんなことを書いているから。

このブログは雑記も雑記で、

ジャンルなんてあってないようなもんなんです。

 

私の頭の中に沸いたことや文章を

ぶちまけてるみたいな場所で。

最近は「ゆる雑談」なんてカテゴリまで作ったもんだから、

もうやりたい放題!笑

 

書きたいことをただ書いてるだけで、

楽しいは楽しいんだけど、

これでいいのか?という想いも、ある。

 

まずね、

一番さいごに、ブログ村のバナーが出るでしょ?

音楽とかカラスに乗られたとかいう話の後に、

「インデックス投資家」とかいうバナーが出るわけですよ。

どこが!?てなりますよね。笑

 

自分で見返してて思いますもん。

そら読者の方が思って当然ですよね。

 

かと思えば、

真面目に語る投資記事もあったりするわけで

まーそっちの方が、

完全に需要としてはあるだろうなと思っていて、

だからこそブログ村のカテゴリは悩んだ末にそこにしたんですけどね。

そのカテゴリーの記事を見つけてもらいたい、というのもあって。

 

だってカラスに乗られた話よりはきっと、

誰かの役に立つでしょう。

 

そうなんですよ、そこなんですよ。

誰かの役に立ってるか??っていう。

そこを考え始めると、自信がなくなってしまうんですよね。

 

私はとりたてて文章がうまいわけでも、

美しいものが書けるわけでもない。

それはね、知ってるの。

 

圧倒的な面白さがあるかと言われればわからないし、

読んで勉強になるものでもないでしょ?

 

ならひたすら記事を書いたところで

あんまり意味がないのかなぁ…とか。

 

こういうのって、

楽しくて書いてるときってあんまり浮かばない悩みなんですよね。

夢中だから。

 

だから今私は完全に、

書きたいより書かなきゃモードになってしまってるんだと思います。

 

ブログに力を入れて頑張る!と宣言してから、

まだ5日。

たった5日!!!

はえーよ。

どうすんだよこれから。

 

でね、ちょっと途方に暮れてたんですけど…

そういう時に必ず見るブログがあってですね。

 

そこを覗いてみました。

 

で、見つけました。

 

こんなのとか。

『会話術とブログの掛け算』。話の派生と無駄話について考えよう。 - たまホルブログ
どうも。 (自称)孤高の日記ブロガー、こぼりたつやです。   まずはこちらをご覧ください。   桃太郎「この前ね、鬼を退治したんですよ」   マスター「ほう、、、」   桃太郎「・...

 

こんなのとか。

喋るように書いて個性を発揮!!好きなように書くことがファン獲得への第一歩! - たまホルブログ
どうも。 (自称)孤高の日記ブロガー、こぼりたつやです。   私は狭苦しい焼肉屋をやっているのですが。 煮込みもあります。 居酒屋メニューであるはずの、牛すじ煮込み。 これがめちゃくちゃ人気なのです。 焼肉やホ...

 

なんか悔しいんですけど…

いいこと言うよねぇ…。

 

ちょっとだけ引用しますよ。

好きなことを好きなように書く場所だったブログですが、どうやら様相は変わっています。

副業、キーワード、SEO、Google、、、

アフィリエイターさんなら分かりますが、

なぜ趣味(の延長)でやってるはずのブロガーさんまでもがそんなことに縛られないといけないのか。

 

それが個性を潰しているのです。

だからブログがつまらなくなるし、続かない。

 

ほらいいこと言ってるー。

 

個性ね、たしかに個性ってありますよね。

こんなにたくさんブログがあるのに、

同じような語り口調のブログってないですね。

(除くアフィリエイト・ゴリゴリ収益化ブログ)

 

私はブログ企画を何度かやっていて、

しこたまブログを読んできた、という自信だけはあるので。

それは断言できますね。

 

だからきっと私のブログにも個性があると信じて、

また書こう。うん。それがいいね。

 

以上、書くこと大好きだった私が

突然書くことに自信がなくなってしまって立ち止まったけど

また進もうとした話、でした。笑

 

書いてるうちに思考整理させたみたいな文章に、

お付き合いいただいてありがとうございますm(__)m

 

せっかくここまで来てくれたんですから

最後にぽちっとしてってくださいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました