いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

Darkside

スポンサーリンク
ゆる雑談

Mステを見たのなんて、何年ぶりだろうと思いながら

徒然に筆を進めてみようと思います。

正確にはキーボードだけどね。

 

年の瀬に、久々に、落ち込みました。

結構落ちました。

 

昨夜、唯一相談できた人に送ったメールは

「自分になんの価値も感じない」で始まってました。

自分が送ったメールながら、

今朝見直して暗すぎて引いた。笑

 

こんな風にネタにできるようになっただけ、

気持ち的には復活してるんだと思います。

 

何が嫌だったかって、

その落ち込んだ原因を突き詰めると

トラウマとヤキモチだったと悟ったこと。

 

とっくに乗り越えたと思ってたことが

まだ自分の中でくすぶっていて、

治ったと思っていた傷は、

ただかさぶたができただけで

はがしてみたらまだ全然治ってなかったと知ったこと。

 

もう半年も前のことですよ。

 

まあざっくり言うと、人間関係の話なんですけど。

一度ごっそり失ったんですよね…

失ったというか、愛想つかされたというか、

うまく言えないけど、そんな感じ。

 

詳しいいきさつを知ってる前からの友人たちも

私の心にここまで残っているなんて、きっと知らないと思います。

だって私も知らなかったもん。

 

とても辛かったけれど、

でもそれがなかったら、

私は今このアカウントにいなかった可能性のほうが大きくて

こじんまりと、小さなコミニュティを楽しんでいたはずで、

それはそれで楽しかったと思うけど

今会話している人たちとのつながりはなかったと断言できます。

インタビューやベスト記事の企画だって絶対にやっていなかった。

 

頑張ったんだよね。

昔の自分を超えるために。

それまでの自分を変えるために、

結構頑張ったんだよね。

自分的にはね。

 

だからこそ、ここにきて緊張の糸が切れて

ダークサイドに落ちてしまったのかもしれない。

蓋をしてた感情が溢れてしまったのかもしれない。

 

情けないけど、仕方ない。

私はまだ、それだけ未熟だったってことですね。

受け入れます。

 

そんな中で、

私の異変に気付いて

「話聞かせて」と聞き出して

「わかるよ、つらかったね」と共感してくれて

「大丈夫だよ」と言ってくれた人がいて、

それはもう言葉にならないくらい嬉しかった。

 

落ち込んだ時の共感って、

これ以上ないくらい沁みますね。

自分自身の教訓にもなりました。

ちゃんと共感できる人でいようって。

 

Twitterでも、沢山の方に心配していただきました。

とても嬉しかったです。

本当に、ありがとうございます。

 

たぶん、完全復活まで、もう少し。

 

今日流した涙が、今年最後でありますように。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました