あけましておめでとうございます。2020年の抱負を簡単に。

雑記

あけましておめでとうございます!

 

旧年中は大変お世話になりました。

そして、年末にはご心配をおかけしましたm(_ _)m

お蔭様で心身ともにだいぶ回復し、

こうしてブログを書くに至っています。

 

しばらく文章を書く、ということから遠ざかっていたので、

リハビリ代わりに、しかし新年らしく、

さくっと抱負を書きたいと思います!

 

 

2020年の抱負は

「好き」に全力

「今」に集中

です。

「好き」に全力

 

好きなこと、好きな人のために
全精力と時間を使います。

 

これは昨年読んだ本、『エッセンシャル思考』の考え方から

思いつきました。

エッセンシャル

どちらも同じだけのエネルギーを使っている。

けれども左側は、あらゆる方向に努力が引き裂かれている。

右側は、努力の方向が絞られている。

だからとても遠くまで進むことができる。

 

「どうでもいいこと」に時間や体力が持って行かれると

「大事なこと」に使う前にだめになってしまいます。

 

「大事なこと」にパワーを使うには、

「どうでもいいこと」は手放さないといけません。

 

トレードオフ。

この考え方がとても好きです。

 

人間関係も同じ。

 

以前どこかで書いた気がしますが、

私はたくさんの人に好かれる人やモノを

どうしても好きになれないことが多くて、

それに罪悪感を覚えていました。

その魅力がわからない自分が悪いのだと思って、

無理に好きになろうとしたり。

 

ただ、それはとても苦しいのです。

 

その一方で、

自分が心から好きだと思う人やモノは

誰が何と言っても好きだと言える強さは

持っているつもりです。

 

なぜ好きになれないんだろう、と自分を責める前に

自信を持って好きと言える人やモノを大事にして、

全精力と時間を使います。

「今」に集中

 

未来を危惧しすぎず、
「今」思うこと、考えることに素直に。

 

「今」の決断が将来を変えると思うと、

私は先のことを案じて

今本当にしたいことに蓋をしてしまうことがあります。

 

要は、自分の決断に自信がなくて、

臆病なわけです。

 

でも、年末に振り返ってみて、ふと思いました。

この1年、私の予想しないことがいくつも起こったなと。

去年の今頃、私が想像していた今の私と実際の私は、

全く違います。

 

それは自分の行動が招いた結果もありますが、

抗えない波にゆらゆら揺られてたどり着いたことも、

新たな出会いがもたらしてくれたこともあります。

 

つまり、不安がっても、心配してもしなくても、

想像できるような未来なんて来ないということかなと。

 

だったら不安がって自分がしたい選択肢をあきらめるより

今したいことに素直に身を任せて

それがきっと明るい未来につながると、

思い込んだ方が幸せじゃないかなと。

 

これは昨年私が読んだ本の中で一番と言っていいくらい衝撃を受けた

『嫌われる勇気』の考え方にも影響を受けています。

 

人生は連続する点であり、線ではない。

過去も未来も、いま、ここで考える問題ではない。

いま、ここを真剣に生きれば何の問題にもならない。

 

考えてもその通りにならない未来なら

今できること、今したいことに

素直になるしかないし、

その方が楽しいはず。

さいごに

 

今年の抱負として「気の持ち方」のようなものについて

書いてみました。

 

ただ気の持ち方というのは難しいもので、

「意識」だけでは変わらないし、習慣化されないと私は思っています。

 

だから、ここからまた、

どうこの考え方を定着させるか、

何をトリガーとしてこの考え方を浮上させるか、

行動ベースに落として考えます。

 

その前にまずは発表してしまおう、とここに記しました。

 

これとは別に、今年やりたいことについても

別記事にまとめます!(ง •̀_•́)ง

 

楽しく幸せな1年に!٩(ˊᗜˋ*)و

今年もよろしくお願いします。

初日の出2020

コメント