雑記ブログは最高のコンテンツだし、雑記ブロガーは最強だと信じている。

ブログ

こちらのブログの続きです。

祝!ブログ1周年!節目なので1年の振り返りをしてみた。
昨年2月1日に開設したこのブログ、 本日で丸1周年となりました。 ねこまにあ おめでとうございます!! 書いていて急に思い出したのですが、 前に勤めていた会社では...

 

 

なんかさ…「有益」が正義すぎませんか?(唐突)

Twitterもブログも。

 

 

ちなみに私の持論。

 

これは1周年だから、というわけでもないんですが、

ちょうどいい機会なのでここに便乗して、

最近ブログについて思っていることを書き連ねたいと思います。

 

今、思うことを正直に。そして夢の話

 

先に言っておきますが、完全に持論です。

それぞれ、ブログに関しての想いや目的があっていいと思いますし、

これが正しいとも思いません。

 

ただ、私の、思うことです。

ブログは趣味か、収益か

 

何の目的でブログをやるかって、自由です。

そしてそれぞれ違う良さはある。

 

 

収益化目的のブログは、

「すごい」「わかりやすい」「情報量が多い」

っていう、賞賛の言葉ばかりたくさん出てきます。

私にできないことだから、素直にほんとに尊敬する。

 

 

でも、、、読んでて面白いのはやっぱり趣味ブログの方かなぁ。

「面白い」「心を揺さぶられる」「印象に残る」

っていう、響いてくる、刺さる感覚が強いです。

 

 

そこには書き手の想いがあって、まずそれが現れた文章に惹きつけられるし、

何よりも「これを書きたい」というモチベーションが書かせてるから

ダイレクトに伝わってくるんですよ。

だから面白い。

 

 

ねこまにあ
ねこまにあ

え?感情論だって?

ええ、そうですけど何か?

 

 

けど面白いってそういうことじゃないのかなぁ。

違うのかなぁ。

“努力は夢中に勝てない”

 

幻冬舎の箕輪さんの講演に行ったとき、

とても印象的だった言葉があります。

それは「努力は夢中に勝てない」

 

 

頑張っていいものができたときに100点だとしたら、

夢中になってつくったものは120点になる、という話。

 

 

これめちゃくちゃ響いたし、

共感しましたね。

 

 

これも収益化か趣味かに適用できると思うんですよね。

もちろん収益化を夢中になるくらい楽しんでる人は、

例外になりますけど。

 

 

夢中になって、楽しんで書いただろうな、これ。

っていう文章って、わかるんですよね。

なんでだろう

表現とか、言葉の端々に出ちゃうんだよね。

 

 

そうなるとさ、

言葉の響き具合が、夢中で書いた人の方に

どうしても軍配があがってしまうよね。

書かなきゃ、は、書きたい!には勝てないと思うんだなぁ。

 

浪費の贅沢さ

 

でも、悔しいことに、

そういう文章って、圧倒的な支持は受けにくいと思うんです。

もしかしたら私の知らないところで

そういう人はいるかもしれない。

けど、たぶん少数派。たぶんね。

 

 

現に、私が大好きなブロガーさんたちの記事は、

そこまで拡散されないし、PVもそんなに出てないって言ってた。

 

 

だからなんでしょうか。

自信を持って自分の記事を、紹介してくれないんですよ。みんな。

なんかさ、それがさぁ、

勝手になんだけど、すごく悔しいのね。

うん、完全に勝手ですごめんなさい。

だって超面白いんだよ!?

 

 

ほとんどが雑記ブログなんです。

自分の想いとか経験とかを書いてくれてるんですけど、

それが面白いってすごくないですか??

 

普通の日常なんですよ。

それを面白く書けるんですよ??

じゃあなんでも面白く書けるじゃんか。

最強なんだよ。

 

 

そりゃあね、有益な情報のほうが、読まれる理屈はわかる。

ブログを読むのだって時間が必要なわけで、

忙しい中で貴重な時間をどこに使うかとなった時に

自分の欲しい情報を取りに行くんでしょう。

当然ですね。

 

 

だけどねー、お金と一緒で、たまに浪費も必要じゃん?

浪費がない人生なんてつまらないでしょう。

 

 

雑記ブログは最高の浪費だと思うんですよ。

世の中のブログすべてが有益なブログだったら

正直つまらないです。

 

 

その中で、収益度外視して

書きたいことを書くというブロガーさんを私はとても尊敬するし、

自分もそんなブロガーでありたいと思ってしまう。

 

 

そんなブログを書いてる人に最高のプレゼントは

読まれること、感想をもらえること

だと私は思っているので、これからもそうするし、

たくさんの人にそうしてもらえるように頑張りたい。

 

 

もっと言うと、何かしたい。

ドヤ顔で、ブログをUPできるような世界にしたい。

 

だから何かしたい。ビジョンはまだない。

 

なんて言っておいてね、

自分はどうなんだって言われたら、、

もう、すいませんとしか言えないですよ。

 

 

正直マイノリティ感をとても覚える時があるし、

何の情報も載せていないブログをTwitterにUPするときは

ちょっとだけ気が引けるしね…

 

 

「よかったらどうぞ」「お時間のある時に」と

謙虚というよりむしろ卑屈になって紹介文を書いてしまいたくなる。

 

 

けどねー、それはしないようにしてるんです。

なぜなら少ないけれど、私のブログを好きだと言ってくれる人がいるから。

 

 

私は、私が好きなブログを紹介されるとき

自信なさげだったら嫌なの(超勝手なのはわかってるよ。。)

だって私は面白いと思ってるんだもん。

私が面白いと思ってるのに、つまらなそうに紹介されたらさ、

私の感性がおかしいのかなって思うでしょう?

 

 

ねこまにあ
ねこまにあ

え?思わない…?

あ、、そうなの…すいません(;´・ω・)

 

 

でも、自分でもいいと思ったから上げるしさー。

そこは遠慮しなくてもいいかなって思ってね。

 

 

それよりも、ここを工夫したとかこういう想いで書いた、とか

そこを知りたいと思うかなーと思って、

卑屈になるのをこらえて、そっちを書くようにしてる。

 

 

だからね、私が好きなブロガーさんたちが

自信を持って

ブログUPしたよー!面白くできたよ!!

って言えるような

雑記ブログ最高、ていう世界をつくるのが、

私のひそかな夢です。

 

 

有益性ばかりが重視されたら、

小説や映画なんてなくなるはずで。

ビジネス本やドキュメンタリーだけの世界なんて

つまらない。

ブログ界での雑記ブログの立ち位置だって、

そこまで押し上げられるんじゃないの?実は。

 

 

なんて言ってみても、

まだ何のビジョンも浮かんでない。

 

 

だけど何かしたい。

無益のコンテンツこそが最高だと思ってるからね。

 

 

ねこ様
ねこ様

君の意見には熱さはあるけど

HOWがないんだよねぇ…

 

 

ねこまにあ
ねこまにあ

はい…よく言われます…出直します…

 

コメント