いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

【観た感想】『窮鼠はチーズの夢を見る』~恋愛対象が同性でも異性でも感じることは変わらないんだな~

スポンサーリンク
PR
画像タイトルや代替えテキスト
その他趣味

 

ねこまにあ
ねこまにあ

Amazonプライムで映画を観るのにハマっています。

 

つい最近見た『窮鼠はチーズの夢を見る』という映画が自分的にものすごくヒットしたので

ちょっとだけレビュー的なことを。

 

男性同士の恋愛を軸にした話なんですが、

登場人物たちにも出てくる台詞にも共感しきりだったし、

恋愛対象が同性でも異性でも、感じることって変わらないんだなって思いました。

スポンサーリンク

あらすじ

 

ネタバレしない程度にあらすじをちょっとだけ。

 

自分を好きになってくれる人と何となくの恋愛を繰り返してきたという主人公・大伴を演じるのが関ジャニの大倉くん。

 

その人にずっと片思いしてきた後輩・今ヶ瀬を成田凌くんが演じています。

 

数年ぶりに再会して、今ヶ瀬は大伴に一途な想いを伝え続けます。

男性を恋愛対象として見れなかった大伴ですが、そのひたむきさに次第に心境の変化が生まれつつ、

自分を好きになってくれる人に流されやすい性格も変わらず、

色んな人と色んな関係になっていくのです…(意味深)

 

ちなみに、行定勲監督の作品でした。

感想

 

主役のふたりがハマり役だったし、本当に良かった!

一部だけですが、特に印象に残ったところを。

共感ポイントが多すぎる

 

女性と男性の恋愛も、

男性同士の恋愛も、両方描かれているのですが。

 

どちらもとても共感できるんですよ!

人を好きになるのに男女の差ってないんだなぁって、率直に思いました。

 

特に成田くん演じる今ヶ瀬は、

本当に一途に大伴を想っていて、

それを成就させようと必死で、

だけどたまに意地を張ったりして…

 

ねこまにあ
ねこまにあ

それがもうかわいくて仕方ない!

 

これは恋愛に限ったことではないですが、

大人になると、相手のことを慮ることができる分、

自分の気持ちをストレートに伝えることって難しかったりしませんか?

 

でもだからこそ、素直な気持ちをぶつけてもらえるのって嬉しいこともありますよね。

好きだとか逢いたいから来たとか

これを一緒にしたい、とか、そういうのを、

相手の気持ちを考えず素直に言える今ヶ瀬にキュンキュンが止まらなくて。

素直に伝えるっていいな…って思いました。

 

 

一方で、その傍ら大伴を狙う女性たちのしたたかさやひたむきさも

なんか分かるような気がするし…。

 

うわぁ、コイツ性格悪いなぁ!っていうセリフも出てくるんだけど、

その裏にある気持ちを考えるとなんか憎めなかったりとかね。

 

自分の経験や周りから聞いた話と重ねてみたり、

友人に何人かゲイの子がいるので、その苦悩も少し知ってたりするから、

感情移入しちゃうことも多かったな。

 

そうして入り込めるくらいシーンやセリフがリアルで、

違う世界の話、というよりも、友人の話を聞いているかのような身近さ。

 

だから共感も多かったし、本当にキュンとしたり切なかったり、

とにかく色んなことに心をつかまれる映画でした。

 

ねこまにあ
ねこまにあ

待って、ネタバレなしで書くの難しい!笑

全部ふんわりしちゃうよ!

 

うーん、でもこれは観て実感してほしいからなぁ。

このくらいにしておこうか…。

結ばれてからも恋愛は苦しい

 

もうひとつ感じたのは、

恋愛って成就した後も難しいよな、ということ。

 

だいたいのドラマや小説や物語って、

結ばれて終わりのことが多くないですか?

 

両想いになる、とか、結婚する、とか。

 

でも現実的に本当のスタートってそこからで、

好きな人と両想いになった瞬間って最高にうれしいけれど、

そこから二人で過ごす時間って幸せなことばかりじゃないですよね。

 

信頼関係がある分甘えてしまったり、

愛情表現を怠ったり、

わかってくれるだろうと説明を省略したりすることによるすれ違いとかさ。

 

価値観が違うことが出てきたときのすり合わせとかさ。

 

そういうちょっとしたことから不安が生まれたり、

嫉妬、猜疑心、強がりなんかが絡んでややこしくなったりさ。

 

壊したくない、と壊してしまいたい、が共存してよくわからん状態になったりさ。

 

そういう恋愛における複雑な心の揺らぎが

セクシャルマイノリティの要素と絡み合ってより複雑になって、

ものすごく心を締め付ける作品になってました。

今ヶ瀬のセリフが一途でキュンとする

 

そんな中で、私は今ヶ瀬にすごく感情移入してしまいましたね。

 

片想いの相手はまず自分を恋愛対象として見ない。

それは個人を、というよりも先に、性別として対象じゃない、ていうところがもう切ない。

 

そして一途に好き、という気持ちだけじゃなく、

不安や嫉妬や、色んな感情を抱えているからか、

彼から出てくる言葉がとてもいいんです。

 

特に印象に残ったのがふたつあって。

 

ひとつめは

「見た目が綺麗で、人間ができてて、自分にいい思いさせてくれるような完璧な人をみんな探してると思ってるんですか?」

 

これは大伴(片想いの相手)が「お前がそんなにこだわるようないい男じゃないよ」と自分を卑下した時に返したセリフです。

 

ふたつめは

「心底惚れるって、すべてにおいてその人だけが例外になっちゃうってことなんですね」

 

これは、もともと大伴みたいなタイプは嫌いなのに、という前置きのあとに言うセリフ。

 

 

よく、好きなタイプ、とか理想の人、とか話題になったりしますよね。

 

でも、実際に好きになるときに理由なんてなくて、

なんでこんな人を、と思うような人を好きになったりするもんですよね。

 

なんで?とか考えるんじゃなくて

素直に「そういうもんだ」って認められる今ヶ瀬が

なんかかっこいいな、と思ったふたつのセリフでした。

 

ねこまにあ
ねこまにあ

今ヶ瀬側か、大伴側か、

どっち視点で観るかは人によって分かれそうですね!それはまた面白いな。

さいごに

 

そんなわけで、この映画に関しては

私は男性同士の恋愛だから、というような特別感はあまり感じなくて

どっちかっていうと、同性でも異性でも、恋愛感情なんだから同じだよなって

改めて気づかされた作品でした。

 

終わってからもなんだかその世界観から抜け出せなくて

今ヶ瀬のあの切ない表情が、台詞が、頭から離れない…

 

興味がある方はAmazonプライムで観れますんでぜひー!

観た方は私と語りましょう!笑

 

\応援ありがとうございます!/

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク
その他趣味
スポンサーリンク
ねこまにあをフォローする
ねこのきまぐれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました