いつも来て下さる方へ(新着記事へ) 初めての方へ(プロフィールへ)

ゆる日記~さんぽに行けない日が続く朝、Twitterとの距離感~

スポンサーリンク
ゆる雑談

2020年7月1日水曜日。

 

雨の朝です。

 

最近は雨の日が多くて、

日課の朝さんぽができていません。

 

思い返せば早起きして朝のさんぽに行くようになって

おそらく1年くらい経つのだと思うのだけど、

すっかり習慣になって、今では行けない日が続くと

なんとなくいつもの調子が出ないような…。

 

冬になったらできなくなるだろうと思っていた朝さんぽでしたが、

去年の冬は思いのほか雪が少なくて、

雪のせいで行けない、という日はなかったんですよね。

 

暗い中、誰も歩いていない道を

一人歩くのも、今思えば趣があったような(なかったような)。

 

今ではすっかり明るくなって、

家を出るころには日が完全に昇ってしまってますね。

 

いつも5時少し前位に出発するのですが

日の出を見る楽しみを味わうには、

あともう少し早く出る必要があるなあと思い

出発時刻を早めようとしていたところの雨つづきです。ええ。

 

せっかくやる気になってきたところで

なぜかできなくなってしまったり

やーめた!と思うと

続けられる条件が整ってきたり

そういうタイミングの悪さ(なのか良さなのか)って

ありますよねぇ。

神の暗示なのか…みたいな

非科学的なことで納得させようとしてみたりしますよねぇ。(え?しない?)

 

 

…なんの話をしてるのやら。

 

 

さて。話は変わって。

昨日、久しぶりにTwitterでつぶやいてみたんです。

10日ぶりくらい。

 

自他ともに認めるツイ廃の私が

10日もTwitterをしないなんてことはいまだかつてなかったのですが

なんとなく、離れてみたくなったんです。

 

それでもたくさんの人がいるので、

私が多少離れたところで

気づく人も少ないだろうと思っていたのですが

思いもよらず「久しぶり」とか「おかえり」とか

声をかけていただいて、

なんだか嬉しかったなぁ…。

 

Twitterで知り合った人とは、

Twitterの中でしか交流できない人が多いわけで、

完全に離れるのは難しいなあ、と思いつつ、

程よくやっていく、というのもまた難しいなあ、と

私の中でどう距離をとるのか、

今模索しております。

 

Twitterって、それぞれが自由に言いたいことを言う場で、

あらゆる分野の、あらゆる意見を吸収するわけですが(それが面白いのだけど)

その意見を見るにつけ、

自分でも何かしら考えたり自分なりの意見を持とうとしてしまうのか

どうも思考に疲れる時がありまして。

 

そもそも今やってるアカウントは

ちょうど一年前、

投資情報をインプットしまくるために使い始めたものなので、

その情報をそんなに欲していない今、

ちょっと修正が必要な場面ではあるのです。

 

ただその情報を発信しているのが「人」なだけに

簡単に「はいさよなら」とはしにくい、というのが本音です。

 

しかしこのまま、今の自分に必要ない情報がどんどん入ってくると

どんどんTwitterから離れてしまいそうになるので

自分に必要なもの、大事にしたいことを見極めて

取捨選択するタイミングなのだろうとも、思っています。

(神の暗示ではないはず。いや、そうなのかな?)

 

飽くまでも判断は「自分軸」でしていきたい。

本当はしたいことがわかってるのに

これをしたらどう思われるだろうと怖がることから

少しずつ卒業していきたい。

 

今月、私はひとつまた歳を重ねる予定です。

精神的にもひとつ、レベルアップしたいですなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました