海外旅行に持って行くならソニー銀行Bankwalletカード一択

節約

海外旅行の時、どう外貨を持って行くか、

その度に悩んでいるねこまにあ(@necomania7)です。

 

海外に行くなんて数年に1回ですからね。

都度支払い方法のトレンドが変わっていたりします。

 

先日、夫が海外出張に行くことになり、

久々にどう外貨を持って行こうかと調べたのですが、

ソニー銀行のSony Bank WALLETというカードがとても優秀!

ということがわかりました。

 

ソニー銀行の外貨預金がある通貨(※)を採用していて、

クレジットカード決済が普通にできる国であれば

かなり使えるかと。

 

※対象通貨: 円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナ

 

ねこまにあ
ねこまにあ

円高の時にあらかじめ準備できてレートも有利な

デビットカードですよ。

Sony Bank WALLETのメリット

 

 

外貨

 

これはHPに掲載されているSony Bank WALLETカードのメリットです。

このとおりなのですが、私目線で紹介していきますね。

外貨預金から即引き落とし

 

このカード、VISAブランドなんですが、

クレジットカードじゃないんです。

デビットカードです。

 

デビットカードとは?
後払いのクレジットカードと違って、デビットカードは使ったその場で連携の銀行口座から引き落としされるカードです。
ソニー銀行の外貨預金に旅行先で使う通貨を預入しておけば、
海外でカードを使うと即座にその口座から引き落とししてくれます。
その場でレートが確定しますし、
使いすぎも防げますね。
でも私が推したいのは、次です。

円高の時に預入できる

 

外貨預金から引き落としされるということは、

円高の時を見計らってあらかじめ預け入れし、

外貨を準備できるということです。

 

これはクレジットカードにないメリットです。

もちろん現金であれば円高の時に両替をしておくことは可能ですが、

現金は交換レートが不利になっていますよね。

 

外貨預金を預け入れる時のレートは通常、

現金で両替をするときのレートよりも有利になっています。

 

レートも安くて、

円高の時に次の海外旅行の準備ができる…。

 

これがこのカードをお勧めする最大の理由です。

 

更に。

手数料がゼロ

 

カード利用手数料がゼロなんです。

 

その時のレートで使った金額分だけが引き落としされます。

クレジットカードの場合、

以下のようにレートに手数料が上乗せされます。

 

外貨2

(参考)楽天カード・ブランドごと手数料

 

クレジットカードにはポイントが付きますので

その分はカバーできます。

一方Sony Bank WALLETカードは使ってもポイントが付きませんので、

利用しているカードの還元率が手数料以下の場合は

Sony Bank WALLETカードを使った方がお得になるということに。

為替レートがクレジットカードより若干お得

 

ところで為替レートってどっちがお得なんだろう…という

面倒な疑問を持ってしまったので、

調べました。

 

ソニー銀行の場合は、外貨預金に預入をするので

預け入れの時のレートを見ます。

 

こちら(2019年6月25日現在)

外貨4

 

まったく同時期に計算したVISAのレートがこちら。

 

ソニー銀行:107.48円

VISA基準レート:約107.539円

 

ですので、若干ではありますが、

ソニー銀行のほうがレートがよさそうです。

 

注意点としては、クレジットカードの場合

カード会社に売り上げが到着した段階のレート決定、ということです。

買い物した時よりも売り上げ到着時のほうが円高が進んでいれば

クレジットカードの方が得になります。

 

ただ円高が進むかなんて誰にも分らないので、

確実に今安いほうを使う方がいいんじゃないかと私は思います。

 

その他の特徴

 

私が推したいメリットは以上のとおりですが、

その他にも便利に使うことができますので紹介しておきます。

残高不足の時に円預金から自動的に振り替えてくれる

 

万が一、決済した金額よりも外貨預金の残高が少なかった場合、

自動的に日本円の普通預金から外貨預金に預入をして決済してくれる機能があります。

為替手数料がかかりますが、

外貨預金預け入れと同じ金額ですのであまり気にすることはないでしょう。

キャッシングも可能

 

海外のATMで現金を引き出すこともできます。

手数料が1.76%と、現地のATM利用手数料がかかることに注意。

もちろん日本でも使えます

 

日本円の口座に残高があれば、

日本でもデビットカードとして使うことができます。

 

ソニー銀行の利用状況に応じて

利用金額の0.5%~2%がキャッシュバックされます。

 

ただ、ソニー銀行のヘビーユーザーにならないと最大の還元率は受けられないので、

日本で利用する時には同じくVISAブランドのプリペイドカード「Kyash」をお勧めします。

 

 

クレジットカードとの比較

 

思いつく限りの条件をクレジットカードと比較してみました。

(※クレジットカードは楽天カードの条件を参照しました。)

 

Sony Bank WALLET クレジットカード  備考
レート反映 外貨預金預け入れ時 売上カード会社到着時
為替レート(VISA) クレジットカードも悪くはないがソニー銀行が安い
手数料 なし カードブランドによって1.63%~
審査 なし あり
ポイント なし 1%~
付帯サービス なし 海外旅行傷害保険、優待、サポートサービスなど
キャッシング(外貨引出) 可能(手数料1.73%+ATM利用料必要) 可能(利息年率18%+ATM利用料必要) クレジットカードのキャッシングは利率が高いので注意
ねこまにあ
ねこまにあ

旅行代金をカードで払って傷害保険の特典やポイント還元を受け、

海外ではSony Bank WALLETを使うのがベストかな。

 

 

まとめ

 

Sony Bank WALLETは
・外貨預金から即引き落としのデビットカード
・海外に行く予定があるなら円高の時に外貨預金に預けておけば完璧
・為替レートが安い
・手数料無料で海外利用できる

 

ねこまにあ
ねこまにあ

海外に行く予定があれば作っておくといいと思いますよー。

 

申し込みはソニー銀行のHPからどうぞー。

 

 

 

コメント