NHKの解約方法。証明書も通話料も使わずにできました。

NHK 節約

NHKを解約しました。

 

面倒かなと思っていたのですが

意外と簡単にできましたよ。

 

ここに手順を記録しておきます。

 

ちなみに理由はフリマアプリでテレビを売ったからですが、

証明書も何も必要なかったです。

NHKに電話する

「NHK 解約」で検索しても

NHKの公式HPで解約の方法は見つかりませんでした。

 

なので実際に解約をした方のブログなどを参考にして

電話番号を探しました。

 

フリーダイヤルにかけてOKという方と

フリーダイヤルにかけても取り合ってくれないから

地方局にかけるべし、という方がいたので

どこにかけようか迷いましたが

とりあえずフリーダイヤルへ。

 

NHKふれあいセンター:0120-151515 にかけました。

ちなみに公式HPでは、解約はこちらに、とは書いておらず

「受信契約のお申し込み・ご転居の連絡」と書いてありました。

ますますかけづらいですが、

ダメもとで。

 

「テレビを譲渡したのでNHKを解約したいです」と伝えると、

「解約ですね。ではいくつか確認させてください。」

と、意外とあっさり受諾。

 

その後、いつテレビを譲渡したのか、

他に放送受信機はないか(ワンセグ、カーナビ、PC用チューナーなど)、

テレビを譲渡した方の名前、住所、連絡先を聞かれました。

 

連絡先を聞かれると思っておらず、

適当に友人に譲ったと言ったのですが

必ず連絡先は必要だと言われてしまったので正直に。

 

「実はフリマアプリで売りまして、

匿名配送というものを使ったので相手がわかりません。」

と伝えると、

 

「あ、そうでしたか。それですと私どもの管轄では受付しかねますので、

担当の部署からお電話させていただきます。

明日以降になりますがご希望の時間帯はありますか?」

と意外と丁寧に対応してくれまして、

電話を待つことになりました。

 

NHKから受電

金曜日にNHKに電話をかけて、

月曜以降に電話しますと言われたのですが

電話が来たのは土曜日でした。

 

そのときはたまたま出られず、

折り返しましたが土日は営業していないとのアナウンスでつながらず。

 

月曜に再度連絡を受けました。

市外局番から察するに、県内のNHK局からかかってきたようです。

 

担当は男性の方で、

「解約ということですが、テレビを譲渡されたのはいつですか?」と聞かれ

こないだも言ったのにな…と思いながらももう一度日付を伝えます。

 

すると、

「わかりました。では解約届を送りますので記入して返送してください。」

以上。

 

えっ!

結構あっさりなんですね(@_@)

 

解約申し出を電話でされた方のブログの中には

譲渡した証明書がないとだめとか

本当にテレビがないかどうか家に行って確かめさせてくれとか

言われたという例もあったので

それなりに覚悟して電話したんです。

 

でも、本当にこれだけでした。

 

解約のためにかけた電話はフリーダイヤル。

解約を受付した電話は向こうからかけてきた電話。

 

ですので、電話代さえかかってません( ゚Д゚)

 

ということで、解約届が送られてくるのを待ちます…

 

解約届提出

解約届が送られてきたのは、

その1週間後くらいでした。

 

なかなか来ないので、結構ヤキモキしたんですけど

ちゃんと来ました。

 

記入は難しいものではなく、

名前と解約対象のテレビ台数(契約しているのが地上だけか衛星か)を書いて

解約理由にチェックを入れ、捺印するだけ。

 

届いてすぐに記入捺印し、ポストに投函しました。

 

これで解約が受付されたのでしょうか…

 

受信料が返金された

解約届を投函して1週間ほど経つと、

一度引き落としされた受信料が口座に返金されていました。

 

解約通知などは送られてきていませんが

これを以て解約されたとみていいと思います。

 

かかった日数

解約のために電話を入れたのが2月の4週目くらい。

返金されたのが3月の3週目でした。

 

ですので、1ヶ月弱かかったことになります。

受信料は2月に引き落としされた分が全額戻ってきていました。

(ちなみに2ヶ月に1回の請求でした)

 

まとめ

  • NHKを解約するにはフリーダイヤルのふれあいセンターに電話

(→ここで受理されればここから解約届を送ってくれるみたいです。)

  • 地方局から連絡が来る場合もある
  • 譲渡の場合証明書は不要
  • 家にも来られない
  • 1ヶ月くらいで手続きは全部終わる

 

以上です。

結構粘られるかなと思って覚悟していましたが、

意外とあっさりできて拍子抜け。

嬉しい誤算でした。

 

今後お手続きをされる方のご参考になれば幸いです。

 

では、今日は以上です。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました