【出産準備】すごく悩んでフィンランドベイビーボックスを買った理由※価格比較表あり

babybox ママ目線
この記事は2017年10月に違うブログで書いていたものを移行した記事です。
現在、フィンランドベイビーボックスは内容が変わっているようなので、
こちらの記事はご参考にしていただき、HPで最新情報をご確認ください。

 

妊娠中、出産準備でずっと悩んでいたことがありました。

それは、Finnish baby boxを買うかどうか!

 

「Finnish baby box」とは、フィンランドが国として行っている
出産のための福祉政策の一つです。
ベビー用品がたくさんつまったボックスで、
本国ではこれ一つで出産準備ができると言われています。

 

→51種類のベイビー用品を備えた「フィンランド・ベイビー・ボックス

※現在は33種類に変更されています。

(ムーミン版フィンランド・ベイビー・ボックスもあります。)

 

要は、

北欧デザインのかわいい洋服出産後にすぐ必要になる衛生用品がつまったボックスで

さらにそのボックスがベッドにもなる優れもの。

 

ただ、高い!!

ムーミンデザインとオリジナルデザインがあって、

ムーミンデザインは¥69,000、オリジナルデザインは¥54,000。

悩んでいたのはこのお値段のことです。

 

51アイテム(プラスベッドになる箱)が入っていて送料無料であること

これ一つで出産準備がほぼ片付くこと

あまり他とかぶらないかわいいデザイン

を理由に購入されても満足している方の割合が高く、

返品率も0.7%ととても低いそうなのですが…

それでもやっぱり高い!

だから悩んでました、1ヶ月くらい。

 

そこで、調べつくしました。

買うか買わないか、判断するために!

 

金額について

一番迷っているところはやっぱりお値段なので、

日本で買ったらいくらかかるのか、調べました。

 

他のブログでも計算の結果を出している物がありましたが、

内訳を載せていなかったり載せていても

これはこんなにしないだろう、

という高めの金額設定だったり。

 

イマイチ納得がいかなかったので

わりとしっかりめに市場調査しました。

 

公式サイトによると、ボックスに入っている内容はこちら。(※現在は変更されています)

f:id:heureux7:20171031160931p:plain

 

上記内容を、

アマゾンや西松屋、赤ちゃん本舗のサイトでそれぞれどのくらいで売っているか

まとめたものがこちらです。

今回はベイビーボックスオリジナル版で計算しています。

 

寝具 段ボール 1 ¥6,000 布団つきクーファンとして計算
掛け布団 1
マットレス 1
掛け布団カバー 1
シーツ 1
マットレスカバー 1
衛生用品 お風呂用温度計 1 ¥369
哺乳瓶 1 ¥609
洗えるブラパッド 2 ¥1,000
歯ブラシ 1 ¥289
コンドーム 6 ¥600
爪切り 1 ¥399
外出着 バラクラヴァハット 1 ¥980 ニットキャップとして計算
ソックス 1 ¥450
ミトン 1 ¥300
リブ編みソックス 1 ¥500
リブ編みミトン 1 ¥800
フリースオーバーオール 1 ¥999
外出用オーバーオール 1 ¥2,499
ニットキャップ 1 ¥980
ラップボディスーツ 3 ¥2,040 ¥680/1枚
ボディスーツ 5 ¥3,400 ¥680/1枚
パンツ 6 ¥5,880 ¥980/1枚
タイツ 1 ¥480
フットレギンス 2 ¥1,960 ¥980/1枚
ドレスオール 2 ¥1,960 ¥980/1枚
ほか バープクロス 2 ¥1,198 ¥599/1枚
バスタオル 1 ¥1,298
食事用よだれかけ 1 ¥350
よだれかけ 1 ¥290
ぬいぐるみまたは絵本 1 ¥800
スリーピングバッグ 1 ¥3,998
合計 52 ¥40,428

 

品質の違いは置いておいて、

単純に同じ機能のものを求めると、こうなります。

差額14,000円ほど…

結構大きいなぁー。

これを上回るメリット、もしくは付加価値があるかどうかを考えないといけないですね。

メリット〇、デメリット×

〇布団が長く使える

(上で計算したクーファンの布団は小さい布団なので、

半年もすれば使えなくなることを考えると、

差額はもう少し縮まるのかもしれません。)

〇向こう1年間使える洋服が入っているので、サイズアウトしてもすぐに買いに行く必要がない

〇やっぱりデザインがかわいい。人とかぶらなそう

〇不要なものはカスタマイズしてくれるらしい

〇箱がベッドになる

 

×とはいっても高いよね

×段ボールに寝かせることに親が理解を示すかどうか

×洋服を自分でそろえる楽しみもあるんじゃないか

 

わからないことを問い合わせしてみた

色々調べていて疑問に思ったことがいくつか出てきたので、

サポートにメールを送ってみました。

内容のカスタマイズについて

内容の変更は可能でしょうか?

哺乳瓶、温度計、歯ブラシ、ヘアブラシ、爪切り、コンドームといった小物類、

バラクラヴァハット、ミトン、リブ編みソックス、リブ編みミトン

以上の内容は不要と考えています。

それらを違うものに交換して発送していただくことは可能でしょうか。

 

→お知らせいただきました下記のご不要なアイテムは

パジャマ1点、ボディスーツ1点、パンツ/レギンス1点と交換いたします。

「哺乳瓶、温度計、歯ブラシ、ヘアブラシ、爪切り、コンドーム、バラクラヴァハット、

ミトン、リブ編みソックス、リブ編みミトン」

 

ご注文後にメールにてご注文番号と

「哺乳瓶、衛生用品セット、バラクラヴァハット、ミトン、リブ編みソックス、リブ編みミトン」を

コピー&ペーストして交換ご希望の旨をお知らせください。

 

寝具について

生まれてすぐはベイビーボックスに入っている内容物だけで

赤ちゃんを寝せることができるのでしょうか。

別途敷き布団などを購入する必要はありますか?

また、3ヶ月頃まではボックスを使って寝せることができるそうですが、

ボックスで寝かせられない大きさになってからはやはり敷布団やマットレスが必要になりますか?

 

→ボックスのベッドは生まれてから3~4か月くらいの間お使いいただけます。

(赤ちゃんがよく動くようになって、

寝返りを打てるようになる前までの期間にお使いいただけます。)

ボックスの底には
赤ちゃんが安全に寝られる固さに作られた

スポンジ状のマットレスが敷いてありますので、

別途マットレスは必要ありません。

マットレスの上に、マットレスを水分の漏れから防ぐマットレスカバー、

そしてシーツを半分に折って余った端を

ボックスとマットレスの間に押し込んでベッドをセットします。

詳しいベッドのセット方法はこちらをご覧ください:

http://help-jp.finnishbabybox.com/article/74-article

マットレスはボックスにぴったり合うように作られたサイズのため、

次のベッドにはそのベッドに合うマットレスが必要となります。

洋服のサイズについて

生まれてから一番寒い時期に0ヶ月から3ヶ月と指定した場合に届くボックスの中身で、

どのアイテムがどのくらいの時期に使えるもので何枚入っているものなのか教えていただけますか

 

→部屋着は50cmから74cmまでのサイズがバランスよく入っています。

すべて長袖となりますが、

とても軽いコットン素材のため特に季節にかかわらずご使用いただけます。

 

現在のコレクションは以下のようなサイズとなっています。

(在庫がなくなり次第新しいデザインに切り替えますので、

実際とは多少異なることがあります。)

 

50-56cm ボディスーツ+レギンス 2セット

56cm パジャマ1点

62cm ボディスーツ+パンツ 1セット

62-68cm ボディスーツ+パンツ 2セット

62-68cm パジャマ1点

68cm ボディスーツ+パンツ 1セット

68-74m ボディスーツ+パンツ 1セット

74cm ボディスーツ+パンツ 1セット

 

洋服について

先日0~3ヶ月に冬を迎えた場合のBOX内容リストを送っていただいたのですが、

50~56サイズのレギンスが2セットとありました。

首が座る前の赤ちゃんにレギンスをはかせているところを日本では見たことがないのですが

フィンランドの赤ちゃんには普通にしていることなのでしょうか?

 

また、前開きではないベビー服も入っているようですが、

同様にフィンランドでは首が座る前の赤ちゃんにどう着せているのか気になります。

 

→50~56サイズのレギンスについてのご質問でしたが、

こちらは新生児にとてもよいアイテムかと思います。

レギンスといってもぴったりしたレギンスというより、

やわらかい素材のお腹まですっぽりカバーできるズボンだと考えていただければと思います。

こちらは同サイズの ボディスーツ(上に着せる長袖シャツ)と合わせてお使えいただければと思います。

フィンランドでは、とてもよく見かけるアイテムです。

また、ボディースーツ(前開き・かぶるタイプ)についてなのですが、

こちらオリジナル版のボックスをご注文の際、

0から2ヶ月(50cm~56cm)のものは

前開きのタイプ(ラップボディースーツ)のものが含まれると把握しています。

大きめのサイズのものは確かにかぶるタイプのボディスーツが、セットに含まれます。

かぶるタイプのものでも、肩の部分にスナップボタンがついており、

首周りを大きく開くことが出来ます。

なので、首の据わっていない赤ちゃんでも、

手で首を支えながら頭をシャツに通すことが出来る仕組みになっています。

 

と、すべての質問に対し丁寧に返信をいただきました。

サポートについては安心できそうです。

 

購入された方のブログの中には、

洋服を着させないままサイズアウトしてしまったものがあったと書いてあったのも見たので、

それが一番不安でした。

 

でも解答をいただいて、なんとか全部着させられるんじゃないかという気持ちになり

購入を決めました!

 

購入の決め手

・購入者の負担なしで返品ができること

→届いてみてやっぱり気に入らなかった、となってもOK。

15000円分の価値があるかどうかは、見てみて決めようと思いました。

・防寒ばっちり

→東北に住んでいる私は、外出時にしっかり防寒できることも魅力でした。

・箱がベッドになる

→うちには猫がいるので、そのまま床で寝かせるのはちょっと不安。

けどベッドは場所を取るしうちの狭いアパートでは使いたくない、というニーズに合いました。

・やっぱりかわいい服を着せたい

→ほかの人とかぶらないデザイン、北欧テイストはやっぱり魅力でした。

写真を撮る機会も増えるので、かわいい服は用意しておいた方がいい、という

友人のアドバイスも効きました。

 

腹をくくって注文してからは、

届くのが楽しみで楽しみで仕方なかったです!

 

次は、実際に届いてから、使ってみての感想をお話しします。

 

フィンランドのベイビーボックス・オリジナル版をくわしく見てみる↓



ムーミン版はこちら↓


コメント